『クロサギ』完全打ち上げ

2013.12.11 Wednesday
0

    単行本最終巻の表紙やオマケ原稿を納品した翌日、スピリッツ編集部が『クロサギ』の打ち上げを開いてくださいました〜。

    大きな場所を借りていただいて、昔から知っている編集さんやお世話になってきたライターさん、カメラマンさん、取材や翻訳などでお世話になったライターさんからうちのスタッフちゃんたちまで、本当にたくさんの人が来てくださいました。
    特に、旧ヤングサンデー編集部にいた編集さんたちにたっくさん来ていただけたのが、本当にうれしかったです。
    連載開始時期から感想やアドバイスを寄せてくれ、賞をいただいたときはみんなで喜んでくれ、休刊が発表されたときはみんなで悲しんだ、いわば同士のような編集さんたちですから、今は書く編集部・各部署に散らばっていても活躍の噂が聞こえてくるのは本当にうれしいです。 もう何年もたつのに、けっこうみなさん「あいかわらずw」でした。

    それにしてもキンチョーしたなあ。
    打ち上げって初めてだから、立ち振る舞い方がわからず!(笑)






    毎度毎度言ってることですが、1つの作品を「やりきった」と思える状態で終われることほど、ありがたいことはありませんね。
    『クロサギ』の場合は「やりきった」と思えた上に、「もうちょっとやってもいいな」とも思えるという、さらに上のありがたい状況で連載を終えることができました。
    たくさんの人にお世話になりましたが、やっている間はそういうことに眼を向ける余裕はいっさいなく、ただひたすら良いものを描くことで報いるしかないと思っていました。

    でもそれでよかったと思っています。
    作家は本来利己的で不器用でクソな野郎ですから(全員がじゃないですよ!私が、ですw)、周囲にお世話になっている人がたくさんいることを認識していて、そのことを常に頭において描かねばならない環境というのは、むだに自分の手足をちぢこませ、身動きの取れない状況に陥らせてしまう可能性もあったと思うからです。


    『クロサギ』の制作環境は「ひたすら描け、いいものを。ほかの事はあとでいい」といったもので、おかげで私は10年間とても自分勝手に、自分本位に、いいカッコもせず描き続けることができました。
    2人の担当編集さん、18人のスタッフ、1人のパートナーと一緒に10年間仕事させていただきましたが、誰も私に「いい人になれ」「もっと周囲に感謝しろ」と言いませんでした。
    もちろん人格も能力も伴った作家さんは山ほどいらっしゃいますが、私は「できるだけクソ人間でいさせてくれ。でなきゃクソが描けない」と思っていて、その甘えを許してくれた環境には本当に感謝しています。
    自分がクソだからこそ、たくさんのクソを描けたのだと思っています。


    そして、それを終えたこの時になってようやく、打ち上げの会という場で初めてきちんとお世話になった方たちを見つめ、感謝の言葉を伝えることができました。
    これでよかったのかは分かりませんが。(後輩たちに「マネをしろ!」とも言えませんがw)

    打ち上げを開いてくださったスピリッツ編集部。来てくださった皆さん。
    本当にありがとうございました。


    ちょっとクソクソ言い過ぎたな(笑)


     


    読切掲載 『受付はこちらです』

    2013.12.02 Monday
    0

      大変ご無沙汰しております。

      この数週間は、ひたすら家の掃除仕事場の掃除書庫の掃除・・・でしたが、恐ろしいことにぜんぜん終わりません。
      なんで終わらないんだろう! こんなに片付けてるのに!!


      それはともかく、『クロサギ』完結後に描いたクロマル青年誌初の読切が、
      今週のスピリッツに掲載されております。




      『受付はこちらです』

      なんとコメディなんですよ。あえてさらにジャンル分けするなら「ラブコメ」でしょうか。
      このわたくしが! こめでーを!

      ニワカには信じられない話ですが(そこまででもない)、 描いててとても楽しかったです^^
      これまではひたすら頭のいい人たちばかり描いてきたので、自分に近いアホな方々(失礼)を描くのは新鮮でした。
      気合の入った連載陣の中でちょっと一息・・・的な立ち位置でお楽しみください。

      ちなみに私は短編をほとんど描いておりませんので、これが短編集などに収録されることはほぼ無いと思います。
      ですのでぜひ、今日発売のスピリッツでチェックしてやってください♪


      ちなみに今回の主人公2人、松ちゃん(♀)とタケ(♂)の名前は、ネームを切っていた当時私がとても「松茸の土瓶蒸しを食べたい」と思っていたことに由来しています。
      ボケッとしてたらシーズンが終わってしまった。食べたいなあ。


       


      ゲームセンターCX in 武道館!!

      2013.11.11 Monday
      0
         

        とーーーーっても楽しみにしていたイベントに、旧スタッフと5人で行ってまいりました。


        フジテレビONEで放送中の大人気番組、『ゲームセンターCX
        よゐこの有野さんが、作業服に身を包んだ「有野課長」として、レトロゲームをひたすら挑戦するという、ただそれだけの番組。 今年でなんと10年目!



        毎週小さな部屋でちまちまとファミコンをやってる有野課長が・・・・・

        なんと武道館でついに、7000人のファンの前で生挑戦を行う!




        これは行かねばなるめえ! というわけで、仕事しながら毎週GCCXを見ていた仲間たち、やま・ぶー・ばびー・すなの4人とやる気マンマンで観戦しにいきました。

        数々の武道大会・スポーツの名勝負・著名なアーティストたちがパフォーマンスを見せてきた”聖地”で、おっさんが1人テレビゲームをする・・・・・
        シュールすぎる!!!!



        しかし、会場周辺はすごい熱気!





        ネタバレ禁止なのであまり書けないのですが、本当に・・・・

        ほんっとう〜〜〜〜〜〜〜〜に、楽しいイベントでした!!


        キャッチコピー「武道館が、友達の家になる」の通り、7000人もの観客が集まってるにもかかわらず、超アットホームであたたかい雰囲気。
        課長はやってるのはあくまでも”テレビゲーム”なのですが・・・・・ ボクシングの世界タイトルマッチかサッカーW杯か、それとも日本一の3歳馬が決まる日か(おっと)ってなくらいの盛り上がり、大声援で、全員でワーワーギャーギャー叫びまくり。 
        一体感がヤバかった! 脇汗かきまくったわ〜!

        小さな子供の声で「かちょう、しんちょうに〜〜!」なんて聞こえてきたりして、ほっこりしたり。
        おなじみのスタッフたちもたくさん登場して、これだけの規模のイベントなのに手作り感のある、本当にいいイベントでした。
        会場の人みんな、番組と課長が大好きなんだな。
        その愛に感動。トリハダが立ちましたよ。






        最後のアナウンス挨拶までよかった。
        この日の様子は、大晦日に放映だそうです。


        おみやげのトレーディングカードは、元AD・現DのイノコMAXでした(笑)。



        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


        イベントとは別に、久しぶりにスタッフたちと会えたのもよかったです。
        新しい仕事場で奮闘している子や、ヒマになったおかげでヒキコモリーになっちまってる子たちと(私もですが)、近況報告したり。
        ヒマ組で、朝までカラオケオールしちゃいました。
        まだまだ話し足りないぜー




        フリーダムツーリング☆in奥多摩

        2013.11.02 Saturday
        0


          バイクスキーなスピリッツの編集長・M山さんに誘っていただいて、『アフロ田中』シリーズののりつけ雅春先生と3人で、ちょろっと奥多摩ツーリングに行ってまいりました。

          天気がちょっと心配だったけど、意外と晴れ間も見えてなかなかのツーリング日和です。




          奥多摩は今がまさにベストシーズン!
          紅葉がめちゃくちゃキレイ〜〜〜





          なんとも幻想的。 これは奥多摩湖かな。





          のりつけ先生の愛車・ホンダのFTR。 オレンジ色が映える!かわいい!
          FTRは、私がSSを買うときに候補のひとつとして悩んでたバイクです。


          「どんだけ倒してもオッケーだから」と言われて(笑)、少し乗らせていただきました!
          私の友人知人はみんな私よりはるかにでっかいバイクに乗ってる人ばかりなので、友達のバイクを試乗させてもらうなんて体験は初めて。 (腕前の問題で、自分のバイクより大きなバイクには乗れない・・・・)


          しかし人様のバイクというのは、あまりにも自分のバイクと勝手が違ってコワイもんですな〜
          のりつけ先生のFTRは、のりつけ先生が趣味(?)の農作業をするための大事な相棒で、日夜のりつけ先生と農具を乗せて農道を走りまくっている働き者さんなんだそうです。
          ちょっとツーリングでは見ないような泥コーティング&両方のレバーが折れているというお姿も、「働くバイク」としての勲章なのですよ・・・!





          一直線に並んだ3台のお姿。あら素敵。

          先頭から、のりつけ先生のFTR、M山編集長のGSR・・・だったかな?
          で、一番手前がマイCB400SS。


          種類も排気量もバラバラすぎる、なんともヘンテコな3人でした。
          わりといつもきっちりとした人たちと走ってるので、こんなにテキトーに走ったのは初めてかもな〜(笑) 二人ともドアラ並みのフリーダムっぷりでした。
          こんなに走りながら先頭が入れ替わるのも初めてだし、同行者がほとんど地図を持たずに走ってるのも初めてだし、走りながら「こっちでしたっけ?」「いやこっちかな」的な会話をするのもなかなか無いかも
          しかし、こんなもんでいいのかもしれないなあ。



           

          それにしても、秋は日が暮れるのが早い。
          冬になる前に、もう一回くらい紅葉ツーリングに行きたいなー。


          M山編集長、のりつけ先生、ありがとうございました
          楽しかった!!


          ちなみに編集長は、八王子で解散したあとバイクに乗ってそのまま編集部に向かいました。
          お、おつかれさまです・・・・





          『新クロサギ・完結編 』

          2013.10.30 Wednesday
          0
             




            『新クロサギ完結編 第3集』

            発売になりました


            完結編は全4巻、なのでこれを含めてあと2冊です。
            この第3集は、なんともいえないところで終わっていますが・・・!


            ツイッターで宣伝ツイートを連発していたのですが、「ラストバトルも大詰め」という点にからめて、懐かしいテレビゲームのラスボス戦にたとえるということを延々としていました。
            楽しかったのでちょろっと転載。


            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            完結編第3集は、いうなれば・・・・・

            ・エクスデス戦ならネオエクスデスに変身し、「わたしはネオエクスデス。すべての記憶 すべてのそんざい」という有名な口上が始まったあたり

            ・ケフカ戦なら神々の像(だっけ?)を全部ぶっ倒してBGMが変わり、「ホワッホホホ♪」の声が入るあたり。曲はもちろん妖星乱舞!

            ・ダークファルス戦なら、2体倒して敵が女体になって、「ドンドンドドドン♪」な音楽に変わるあたり

            ・ 『逆転裁判3』なら×××××を消滅させて一段落。×××検事を相手に、墓石の血文字にツッコむあたり(ネタバレ禁止!)

            ・バラモスを倒してやったークリアだーと喜んでたらゾーマがいてなんだよEDじゃねえのかよつーかゾーマって誰だよ、って言ってるあたり

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


            メジャータイトルばっかりですが(1本ちょっとハードが違うやつもありますが)、全部瞬時に分かる人はなかなかのRPGゲーマーさんでらっしゃいますな
            あ、逆裁はRPGじゃないか。
            このシリーズは、もうちょっとイロイロ考えたいな(笑)



            そんなわけで、
            『新クロサギ完結編 第3集』 よろしくおねがいします


            ほんとう〜〜に、あと少しでお別れです!





            近況ナド

            2013.10.22 Tuesday
            0
               



              お世話になった方々からいただいた、差し入れコーヒー。
              今まで無糖はあまり飲まなかったけど、これは飲みやすくておいしいな
              これに慣れちゃうと、加糖が甘くて飲めなくなっちゃいますねえ



              さて、たまには近況報告など。

              連載後の空白期間を謳歌している黒丸ではありますが、いろいろ予定外の出来事がありまして、なかなか忙殺されております。

              今週は仕事場の引越し作業が控えていて、そちらでもけっこうバタバタ。
              引越しといっても、家の中で別の部屋に移るだけなんですが・・・ それでもけっこうやることがあって大変ですね。
              元スタッフちゃんに手伝ってもらってタイルカーペットを貼りましたが、やっぱりスタッフがいないと何もできないのか、私は
              これからリビング改造やキッチン整頓というミッションも控えているというのに!


              クロサギの単行本作業や、やわスピのサンコさんダイエット企画や、仕事はいろいろあるんですよね。
              お次の連載のことも、そろそろ本格的に動き出さないと!









              友達4人で一泊信州ツーリング

              2013.10.16 Wednesday
              0





                10月13日・14日の連休で、いつも走ってる女友達4人で、
                信州一泊ツーリングに行ってまいりました。
                どうです、この海のような青い空!!!





                関越のPAで待ち合わせしたのですが、
                朝7時の段階ですでに渋滞が始まっててヒーヒー。
                まあバイクなのでだいぶラクではあるんですが。


                関越−上信越をぶっとばして、まずは長野市の善光寺へ。
                表参道も仲見世も人でいっぱい! 超にぎわってました。
                みんなでお参りして、おみくじ引いたりお守り買ったり。
                基本ソロツーが多いので、どうにもこうにも楽しいですわあー





                お昼はせいろ蒸し! 野菜とお肉、茶碗蒸しにおこわ!
                テキトーに決めて飛び込んだお店だけど、すっごくおいしかった〜〜〜





                善光寺のあとはさらに北西に走って、今度は戸隠神社へ。
                寺の次は神社。 なんと節操の無い(笑)

                戸隠も人がたくさんいましたが、善光寺が陽ならこちらは陰ですな。
                参道がものすごく険しくて、駐車場からお社まで30分くらいかかったような。
                ヒザがくがく、息ゼエゼエ。 しかし辛ければ辛いほど、ありがたみも深まるというもの。

                またまたお参りして、おみくじを引いてお守りを買う。
                本当に節操がない・・・





                この日の宿は、戸隠の宿坊
                旅館じゃなくて宿坊! 一度泊まってみたかったんですわ〜
                でもヘタな旅館よりずっときれいで、外観もめちゃくちゃかっこいいし、ごはんも美味しくて接客もすてき。
                10畳部屋で4人でゴロゴロ、疲れてるはずなのになんだかんだで喋り倒し、とても楽しい夜でした。

                しかし長野の夜はすでにストーブが必要。 ゲキサムだよ!



                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                2日目。 今日もド快晴

                以前から雨にあたる確率の高いメンツなんですが、いったいどうしたことでしょう。
                ようやく日ごろの私たちの頑張りが、カミさまに届いたってことかな??




                まずは宿坊の近くにある、『忍者からくり屋敷』 なるアミューズメント施設へ。
                周辺はすっかり紅葉です。


                『からくり忍者屋敷』 は、戸隠流忍者の資料館や民族資料館と併設されている施設なんですが、正直「まあ子供向けのお楽しみスポットだろう」なんつって思ったら大間違い!

                めっちゃくちゃ面白くて、いいトシした女4人でわーわーきゃーきゃー言いながら楽しみまくってしまいました
                これはハマるわ〜〜〜 童心に返るってこういうことね。
                本当に出られなくなるんじゃないかと思うくらい、スリル満点でした。
                施設内も自然がきれいで、散歩してても楽しいです。 超おすすめ!




                からくり屋敷の近くでおそばのソフトクリームを食べ(ここらへんはおそばばっかり!)、志賀草津方面へ。

                志賀草津道路は3年前のゴールデンウィークに行ったきりですが、あまりのお天気の良さに今でも「人生最高ツーリング」と思ってるくらい、サイコーに気持ちよかったツーリングルート。
                もう一度行けるなんてうれしいー! しかも今日もすんごい天気
                どうやら志賀草津とは相性がいいみたいだな。
                前回は群馬側(草津側)から入って渋方面へ抜けましたが、今回は逆打ち。





                最高地点のビュースポットより。

                気温は8度程度。 めちゃくちゃ寒かったけど、そんなのが吹っ飛ぶくらいキレイでした。
                みんなで走ると感動もひとしお・・・


                志賀草津道路を抜けて渋川伊香保ICに入る頃には、とっぷり日が暮れちゃってました。
                でも昼間の長野より、夜の関東の方があったかい気がする(笑)。





                いやー楽しかったなあ。 天気もよくて、仲間もよくて、事故もトラブルもなく。



                たまたまなんですが、1週間前にちょっと、とんでもない経験をいたしまして。
                その前に観た 『凶悪』 という映画の記憶が完全にふっとんじゃったくらいの(本当にすっかり忘れてた)、個人的には衝撃的なできごとで、それでこの1週間はやっぱり気が落ち込むというか、色々考え込んでは悩む、夢を見てはうなされる、といった感じだったんですよね。
                私はたんなる関係者であって、当事者ではないのですが・・・

                なのでこのツーリングは、とっても楽しみにしていたのです
                すごくいい気分転換になりました。
                まだ私の中では区切りがつかないのですが、これでこの先も頑張れる気がする!

                色々あって詳細は表に出せないのですが、いつかこの件についても自分の中で整理がついて、書ける機会が来るかもしれないと思います。。。






                友達の撮った写真。 うわーかっこいい。
                ともあれ、むちゃくちゃ楽しい2日間でした。

                左から Triumph Bommeville T100 、Honda ShadowSlasher750 、
                kawasaki ER-6f 、 Honda CB400SS 

                遠近感のおかげでなんとかなってますが、手前のMYバイクだけやたらチビっちゃいです。
                足引っ張ってごめんね!





                『凶悪』

                2013.10.06 Sunday
                0


                  最近わりとたくさん劇場で映画を観ているのですが、その中でも一番インパクトがでかかった映画が、『凶悪』でございます。

                  ぽっかり予定もなくヒマだった夜がたまたま10月1日の1000円デーだったので、それじゃ映画でも観にいこうと思ったんですが、時間的に観れるものがコレしかなかったのですな。でも観にいってよかった。
                  簡単に「オススメ!」とは、口が裂けてもいえませんが・・・・






                  まあ一言で言ったら「すさまじい」映画でした。
                  一応R−15なんですが、これはオトナであろうともキツい人は大勢いるのではないかしら。 というか私も相当キツかった。

                  前評判の高かった役者陣、リリー・フランキーとピエール瀧は玄人はだしの怪演で、もともとはイラストレーター&ミュージシャンであることを忘れちゃうレベル。
                  その2人に「食われ気味」というウワサを聞いていた主演の山田孝之は、実際に観てみると全くそんなことなし。
                  ”クソ野郎”をフルボリュームで演じる2人を相手に回して、彼らに翻弄されていく記者の変化をグラデーション的に、とても丹念に演じてました。 これは本業の底力だな、と思いましたよ。


                  ご存じこの映画の原作はノンフィクションで、描かれた事件はおそろしいことに実際にあった事件です。
                  事件が露見したときはニュースでも多く取り上げられて、私の記憶にも残っております。(新潮社のスクープが出た当時のこと)
                  上告中の死刑囚が、自らが不利になる余罪を吐くなんて聞いたことがない。それだけにこれは本当なのでないかと、テレビを見ながらスタッフと話していたものです。
                  事実が明らかになるにつれ、こんな出来事、こんなにたくさんの人が死んでいながら誰も知らなかったという、そんなことがこの小さな日本で起こりうるのかと心底驚いた記憶があります。
                  隠れている社会の裏側が突然表側に迫ってくるような・・・・
                  そして報道にも出た「先生」という謎の呼称には、なんとも説明できない薄ら寒さがありました。


                  映画では俳優の芝居が特に評価されているのですが(それも納得ですが)、観てて個人的にすごく印象が強かったのは脚本でした。
                  時間の流れをとてもうまく作っていて、冒頭で脈絡なく殺されていった人たちが、犯人たちにとってどんな人たちだったのかが次々と明らかになっていく。
                  冒頭の凄惨な殺人シーンだけで震え上がっていたのに、殺された人たちの素性がわかってくるとさらに恐ろしく、犯人たちの狂気が際立って見えました。

                  主人公の記者の身の上にも大きな脚色がありますが、これまた無理なく絶妙でとてもうまい。
                  奥さんを演じていた池脇千鶴のラスト付近のセリフには、映画を観に来た人ならみんなドキッとしたんじゃないでしょうか。 
                  実際の事件を題材にした映画は数あれど、傍観者(観客)を巻き込んでこの域まで言及した作品は初めてでした。



                  「おもしろい」とは、いろんな意味で言いづらい映画。
                  でもすごく見ごたえのある、月並み表現ですがホネの太い映画でした。
                  とりあえず、ジジ・ぶうさんはスゴすぎた。 まじスゴイ。
                  小林且弥・斉藤悠もよかったなあ。
                  モデル出身とは思えない(っていうとモデルさんに失礼だけど、なんとなく)すごくガッツあふれるお芝居でした。





                  対人運がうなぎ上り

                  2013.09.30 Monday
                  0


                    北海道ツーリングの連投記事のあとは、ディズニーランド2日間ツアー記事・・・・

                    これじゃあまるで遊んでばかりみたいじゃないか!
                    いえいえ、ブログを書いてないときはちゃんとお仕事してるんですよびっくり
                    今は、スピリッツ用の読み切りを描いております。
                    おそらく年内のどこか(11月くらい?)で掲載される? かな??







                    でも、ブログに書くのはやっぱり遊びのこと・・・(笑)

                    28日は、いつもの女バイク友達と渋谷のお魚屋さんで飲み会。
                    今年の夏はみんなそれぞれ北海道に行っていた人たちが多かったので、そんな話で盛り上がりつつ、「泊まりツーリングしたいね〜」なんて。

                    あっという間に話がころがって、マジで10月中に泊まりツーをすることになりそう。
                    にゃにゃ丸さんのおるすばん計画を立てなくては!




                    栗の唐揚げだって! 意外なほどおいしい!
                    渋皮がンマイんだ!!


                    このお店はほんっとに美味しかったなあ。
                    また個人的に行きたいな星


                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





                    そして昨日は、スピリッツの女傑漫画家、おなじみ三島衛里子せんせい・こざき亜衣せんせい・高田サンコせんせいが我が家の近所まで遊びにきてくれました。

                    4人で、モロッコ料理のお店でメシ!
                    モロッコ料理ってのは珍しいですよねえ。
                    近所にあるけど今まで行ったことがなかった・・・・のが悔やまれるくらい美味しかった!




                    タジン鍋を使うのですね、モロッコ料理は。
                    アーモンドやプルーンが入ってるのがおどろき! 

                    4人でだらだらといろんなことをくっちゃべりましたが、ホント楽しかったなあ。
                    昔は諸事情により、同じ雑誌の作家仲間とほとんど交流できない状況にいたんですが、やっぱり横のつながりがないとフリーランスはつらいよね。 ただでさえ孤独なんだもの〜ポロリ



                    そして今日は、スタッフちゃんたちやその知人のお笑い芸人さん(『マユリカ』の中谷くん)とみんなでメシ!
                    毎日毎日、行くお店ぜんぶ大当たりのウマさ&超楽しい・刺激的な人たちばっかですわあ。



                    明後日からはまた仕事!
                    長く時間をかけすぎてるので、そろそろ完成させないとねたらーっ




                    夢の国へと・・・

                    2013.09.24 Tuesday
                    0



                      巷は3連休。

                      基本、世の中のカレンダーとはあまり関係のない独自の暦で動いているわたくしですが、名古屋で会社勤めをしている姉&姉旦那がこの3連休に上京し、1日目・東京ディズニーランド/2日目・横浜でB'zのライブ/3日目・東京ディズニーシーというすさまじい3コンボを決めるというので、私もついていきました。






                      東京ディズニ−ランド!!!!

                      すんげいい天気。

                      私、TDLはこれまでに1度しか行ったことありません!
                      しかももう10年以上も前・・・・ 記憶もほとんどオボロゲですよ。


                      姉の旦那さんはかなりのディズニーランドマニアなので(かつて12月30日に一人で遊びに行った猛者)、『TDLの遊び方』というのを熟知しているのです。
                      パレードの並び方、ファストパスをとるタイミング、レストランの予約(なんと一ヶ月前から!)まで、実に華麗なTDLさばきを見せていただきました!
                      お世話になりまくったわ〜〜〜〜





                      一つ目のパレードは、ハロウィン仕様。
                      カボチャ色がかわいい〜〜
                      こちらはチラ見程度ですが。





                      メインはこちら!
                      東京ディズニーランド・30周年記念パレード 『ハピネス・イズ・ヒア』!

                      姉旦那が「ぜひ見てほしい」と言ってたんですが、理由がわかりましたよ。
                      ぼかあこのパレードを見ていたら、なんだか目頭がアツく・・・・
                      おかしい! なぜだ!
                      なんで私は感動しているんだろう・・・・・




                      ああ、ミッキーってやっぱりかわいいんだなあ





                      色の洪水! なんてキレイカワイイんだーーーーー
                      写真を見返すだけで、音楽が聴こえてくる気がする〜〜


                      私、ディズニー映画は人並みに好きですが、ミッキーやドナルドに対してそこまで愛着があるわけではないのです。
                      それなのに、どうしてこんなに涙腺がブワブワしてしまうのだろうっ
                      たぶんアニメの中のミッキーや、絵で描かれたイラストのミッキーよりも、ディズニーランドにいるミッキーが一番かわいいと思います。



                      何が一番感動って、この景色!!



                      見てる人たち・・・・

                      こんな景色が、パレードの沿道全部にぶわ〜〜〜っと広がってるのです。

                      子供やその両親、若いカップルはもちろん、おじいちゃんおばあちゃん、外国人のお客さんやびびるほどイカついおっさんまで。

                      道で会ったらついつい避けてしまいそうなほど、どこのチンピラだ!?みたいな風体の怖そうなおっちゃんや、タトゥーだらけのパンクなお兄さんまでもが、ミッキーのTシャツを着てパレードの場所取りに並び、笑顔でミッキーたちに手をふってカメラを向けているのですよ。
                      それだけでもう、「ディズニーランドのすごさ」を実感しちゃいますわ。
                      ミニー、ドナルド、デイジー、チップデール、プーさんたちはいわば 『スター』、
                      そしてスターの中のスター、絶対的な『カリスマ』がミッキーなのですな。





                      夜になると、園内のハロウィンディスプレイが美しくライトアップ。
                      このあと、人生初のエレクトリカル・パレードを見て、『スター・ツアーズ』 『プーさんのハニーハント』 『モンスターズ・インク』のアトラクションに乗って(全部、義兄さんが午前中にファストパスをゲット!)、心のおなかがいっぱい。

                      超楽しかった! 『スター・ツアーズ』最高!


                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


                      中1日をはさんで、連休3日目はふたたび舞浜へ。




                      今度はディズニーシー!!!


                      シーに行くのは初めてです。
                      ランドは”遊園地”という感じですが、シーは本当に”テーマパーク”ですね。





                      思わず写真を撮りまくっちゃうくらい、街並みが素敵!
                      世界観が完全に統一されてて、本当に一つの街のようです。
                      いろんな施設が立体的に設置されてて、周りを見渡しながらぶらぶらと歩くだけで本当に楽しい。





                      そしてシーといえばコレ、
                      日本ディズニー(オリエンタルランド)が生んだ大ヒットキャラ、『ダッフィー』

                      ミニーが航海に出るミッキーに贈った自作のぬいぐるみ、という設定のダッフィー。
                      これをだっこしながら園内を回るのが、シーのひとつの楽しみ方だそうで。
                      たしかに、そこかしこにおめかしさせた自分のダッフィーを連れて歩く人たちがたくさんいたなあ。
                      うちの姉も、名古屋からわざわざマイダッフィーを連れてきてました。


                      ・・・・・・・・・・・・・


                      いやね、ほんとにね、園内を歩いてるとね、魔法にかかるんですよ。

                      『ダッフィーを欲しくなる』 という魔法に・・・・・・





                      買っちゃったよ MYダッフィー(右)。 ばかやろー!
                      すっはだかは、お迎えしたばかりの証。
                      左のが、ハロウィン仕様の姉ダッフィー。



                       

                      こういう写真も撮りたくなります。
                      数時間前まで、大きな荷物になるでっかいぬいぐるみをわざわざ持ってきた姉に「なんでやねん」的なことを言っていたのに・・・・ 





                      左がタワー・オブ・テラー。
                      右がレストランなどが入っている巨大船・SSコロンビア号。

                      姉夫婦は夜には名古屋に帰らなくてはならないので夜のショーは見れなかったですが、ホックホクな気分で帰途につきました。
                      雲は多めだったけど、涼しくて気持ちのいい日でした。

                      ホント楽しかった! やべーわ東京ディズニーリゾート!!



                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                      有名な話ですが、ディズニーランドはキャストがすごい。 とにかくすごい。

                      全員が全員、一分のスキもない立ち振る舞いで、何を聞いても頼んでもオッケーだし、ベビーカーや車椅子の人への対応もカンペキ。
                      9割がアルバイトらしいけど、”ここで働く”という誇りにあふれているというか。
                      震災前から、防災訓練が年間180回とか。
                      そしてお客さんたちも、あれだけの人がいるにも関わらず、みんなでこの「夢の国」を作る・守る・壊さないっていう、暗黙の了解がある感じです。


                      物事をまっすぐ見れなくなったつまんねえオトナの心の壁なんて、あっという間こっぱみじんにぶち砕く・・・・
                      ディズニーランドはとんでもない剛速球を隠し玉に持つ、おそるべき王国ですぞ。
                      舞浜から海を渡って遠ざかっていくランドの姿を車窓から見ていると、「ああ、夢の国が遠ざかっていく」などと感じて心底さみしくなってしまうのです。
                      ディズニーマニアじゃない人間をここまで幸せにできるのが凄い。
                      経営に携わる人も、数々のパフォーマーも、膨大な量のキャストもみんなスゲーよ!





                      おつかれさんなダッフィー兄弟。

                      さて、うちのダフィ丸さんにはどんな服を着せてあげようかな。
                      (完全にはまった・・・・)




                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      新クロサギ 完結編(4) (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 完結編(4) (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)

                      連載10年、通算42巻の最終巻。
                      詐欺師を食らう詐欺師「クロサギ」の物語、遂に完結。
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      新クロサギ 完結編 1 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 完結編 1 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      小学館
                      スピ誌上で「白詐欺編」「黒詐欺編」として掲載された最終章が、リニューアルタイトルで登場。全4巻の第1集。

                      2013年6月発売。

                      桂木から離れ、宝条との全面戦争へ・・・
                      recommend
                      新クロサギ 18 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 18 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      小学館
                      「年金運用詐欺」
                      「進出詐欺」収録。
                      宝条の根回しによって逮捕状が出された黒崎は、ついにある決断を下す。
                      「新クロサギ」シリーズ最終巻。
                      2013年3月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 17 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 17 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      小学館
                      「ブライダル詐欺」
                      「コンサルタント詐欺」
                      「年金運用詐欺(機法彈録。
                      ついに宝条にその正体を知られることになった黒崎。一方、黒崎と共闘する犬伏は旧友に接触し、宝条の外堀を埋めにかかるが・・・
                      2012年12月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 16 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 16 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      小学館
                      「和牛預託詐欺(完結)」
                      「LC詐欺」
                      「ブライダル詐欺(機法彈録。
                      宝条と関係の強い気鋭の女社長・浜聡子に近づく黒崎。一方鷹宮は、宝条が探す男の正体が黒崎であることを察知する。
                      2012年9月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 15 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 15 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸
                      「劇場型詐欺(完結)」
                      「和牛預託詐欺(機銑后法彈録。
                      実際に一般市民を多く巻き込み大きな被害を出した2つの大型詐欺をピックアップ。巻末には社会問題になりつつあるペニーオークション、詐欺被害訴訟を多く手がける紀藤弁護士との対談を収録。
                      2012年6月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 14 (ビッグ コミックス)
                      新クロサギ 14 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸
                      「震災復興詐欺(完結)」
                      「秘書詐欺」
                      「劇場型詐欺(機法彈録。
                      液状化の街で暗躍するインチキリフォーム会社を追う氷柱たち。
                      2012年3月発売。
                      recommend
                       (JUGEMレビュー »)

                      「養子縁組詐欺」(完結)
                      「裏献金詐欺」
                      「震災復興詐欺(機法彈録。
                      反響が大きかった「養子縁組」・「震災復興詐欺」を収録。
                      そして犬伏と宝条の因縁がついに明らかに・・・
                      2012年1月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 12 (ビッグ コミックス)
                      新クロサギ 12 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸
                      「カード現金化詐欺」(完結)
                      「知的財産詐欺」
                      「養子縁組詐欺(機法彈録。
                      公証人・犬伏が抱える秘密とは?

                      黒崎はまたも白石と仕事がバッティングし、ある強硬手段に出る。
                      2011年9月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 11 (ビッグ コミックス)
                      新クロサギ 11 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「貧困ビジネス詐欺」(完結)
                      「出会い工作詐欺」
                      「カード現金化詐欺(機銑検法彈録。
                      黒崎を案じた岸川が遺した置き土産、
                      公証人の犬伏。
                      だが犬伏は酒浸りの世捨て人だった…
                      2011年6月発売
                      recommend
                      新クロサギ 10 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 10 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「医療法人詐欺」(完結)
                      「紳士録詐欺」
                      「貧困ビジネス詐欺(機銑后法彈録。
                      腐れ縁から絆を深める黒崎と岸川。
                      だが岸川の病状は日に日に重く…
                      2011年3月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 9 医療法人詐欺 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 9 医療法人詐欺 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸
                      「ローン詐欺」(完結)
                      「チケット詐欺」
                      「医療法人詐欺(機銑検法彈録。
                      氷柱、神志名、白石揃い踏みの第9巻。
                      御木本の死で黒崎が負った傷とは…
                      2011年1月発売。最新巻。
                      recommend
                      新クロサギ 8 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 8 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「ECO詐欺(完結)」
                      「送り付け詐欺」
                      「架空取引詐欺」
                      「ローン詐欺(機法彈録。
                      ついに完結、台湾編。御木本との闘いの果てに、黒崎は何を見るのか?
                      台湾取材のオマケマンガも収録!

                      2010年10月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 7 ECO詐欺 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 7 ECO詐欺 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「ECO詐欺(掘銑将掘法彈録。
                      御木本を追って上海から北京、マカオへと飛んだ黒崎はついに台湾へ。
                      そして神志名も黒崎を追う。
                      シリーズ最長・「台湾編」突入!
                      2010年7月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 6 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 6 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原武
                      「環境投資詐欺(完結)」
                      「資金回収詐欺」
                      「ECO詐欺(機銑供法彈録。
                      御木本の集金部隊を潰した黒崎の狙いが明らかに。
                      舞台は上海・北京・そしてマカオへ!
                      2010年7月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 5 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 5 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原武
                      「有名人詐欺(完結)」
                      「入札詐欺」
                      「環境投資詐欺(機銑掘法彈録。
                      白石との共闘を経て、
                      いよいよ動き出す御木本喰い。
                      次々と「集金部隊」を潰していく
                      黒崎の真の狙いは?
                      2010年4月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 4 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 4 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「制度融資詐欺(完結)」
                      「投資顧問詐欺」
                      「詐病詐欺」
                      「有名人詐欺(機法廚鮗録。
                      氷柱の大学の先輩・鷹宮と、
                      意外な人物との関係が明らかに!
                      黒崎は白石から「黒い封筒」を受け取り、
                      ある計画を練り始める・・・
                      2009年10月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 3 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 3 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原武
                      「導入詐欺(完結)」
                      「留学詐欺」
                      「制度融資詐欺機銑此廚鮗録。
                      新クロサギ初・白石が登場!
                      仕事がバッティングした2人。どちらが先に相手の存在に気づくか!?
                      2009年7月発売
                      recommend
                      新クロサギ 2 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 2 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「当選詐欺」
                      「エステ詐欺」
                      「導入詐欺機銑検廚鮗録。
                      父親の死にも関連した銀行の所業に触れる黒崎。裏で糸を引いていたのは誰か?
                      2009年4月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 1―戦慄の詐欺サスペンス (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 1―戦慄の詐欺サスペンス (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸
                      ビッグコミックスピリッツに舞台を移した「新クロサギ」の第1集。
                      「二重詐欺」
                      「運送詐欺」
                      「必勝法詐欺」
                      「当選詐欺(前編)」
                      を収録。
                      2008年12月発売。
                      recommend
                      クロサギ 20―戦慄の詐欺サスペンス (ヤングサンデーコミックス)
                      クロサギ 20―戦慄の詐欺サスペンス (ヤングサンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「クロサギ」全20巻
                      ヤンサン版クロサギ
                      1巻「財団融資詐欺」から、20巻「M&A詐欺」まで、全51エピソード!
                      全部読んだアナタは勇者だ!!☆
                      recommend
                      詐欺を見破る魔法の計算式クロサギ公式ガイドブック
                      詐欺を見破る魔法の計算式クロサギ公式ガイドブック (JUGEMレビュー »)
                      夏原 武, 黒丸, ヤングサンデー編集部
                      これさえ読めばアナタも
                      クロサギスト☆
                      単行本未収録カラーイラスト、
                      キャラクター考察、カモタイプ診断、
                      作中に出てきた詐欺の詳細解説など、
                      頭が痛くなるほど濃〜い内容です。
                      recommend
                      映画 クロサギ (「毎度あり」エディション)
                      映画 クロサギ (「毎度あり」エディション) (JUGEMレビュー »)

                      「映画クロサギ」DVD。
                      特典映像満載ディスク付属の「毎度ありエディション」の他、通常版もアリ。
                      recommend
                      150ピースミニパズル BIG Comic Spirits 新クロサギ 150-192
                      150ピースミニパズル BIG Comic Spirits 新クロサギ 150-192 (JUGEMレビュー »)

                      数少ないクロサギグッズ。
                      みなさん暇つぶしにいかがでしょ?
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      2008JUGEMキャラコングランプリ
                      キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」