2013北海道:(2)HTB&ススキノツアー!

2013.08.29 Thursday
0



    2日目、8月17日(土)

    苫小牧の天気は、くもり時々雨
    今日の目的地は札幌なので、距離的にはさほどありません。
    北海道では、むしろご近所といえるでしょう。
    雨なので遠出はやめ、これまでのツーリングでは完全スルーしてきた札幌で、人と会うことにしました。
    これぞ泊数未定のだらだら旅!



    苫小牧から札幌への道すがらでは、ちょこーっと雨に降られちゃいました。
    昼過ぎ、札幌東横イン・ススキノ大交差点にチェックイン。
    荷物を預かってもらって、HTB(北海道テレビ)の女性プロデューサー・通称オニギリさんと待ち合わせ。

    スピリッツは佐々木倫子先生の『チャンネルはそのまま!』の取材の関係で、HTBさんとは縁の深い編集部なのです。
    私がHTBのドル箱番組『水曜どうでしょう』の大ファンだということを知ったHTBさんは、以前からonちゃんカレンダーや水どうカレンダーなどのグッズをちょいちょいプレゼントしてくださっていたのでした。 あ、ありがてえ・・・!!





    実はオニギリさんとはこの日が初対面だったのですが、半日かけて札幌とHTBの案内ツアーをしてくださいました。
    お休みの日だったはずなのに! 感・涙




    おなじみの公園  ある意味聖地!
    「ここらへんにカメラを置いてですね・・・」 と、オニギリさんが説明してくれました。
    私、おいしい思いしすぎ。





    おなじみの福助くん。





    HTBのおみやげコーナーにも、こっそりと藤やん犬が(笑)


    チームNACKS行きつけだったラーメン屋さんでラーメンを食べ、藻岩山のふもとのおされカフェでコーヒーを飲み、たくさんおしゃべりしてメチャクチャ楽しかったです。
    オニギリさんにはもう、超大大感謝!!!
    HTBでは、まさかの嬉野さんにも遭遇しました。 まさかの休日出勤!
    うーん、この私のヒキの強さよ。
    これでもう、東京の水どうファンの仲間たちにぶん殴られても悔いはありません

    オニギリさん、本当にありがとうございました!
    また会いたい−−−!!!


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    さて、夜は『やわらかスピリッツ』や『裏サンデー』のデザインや運営、更新作業などをしてくださっている会社『トライヘッド』の鈴木さん&ウチヤマさんと合流。
    ススキノで、3人でごはんを食べました。





    雨のススキノは美しいですなあ。
    『探偵はBARにいる』を思い出します。


    鈴木さんとウチヤマさんもライダーなのですが、多忙なためなんと1泊2日の弾丸ツーリング!
    北海道ツーリングは初めてとのことでしたが、あいにくの雨・・・
    しかしすでに北海道病に感染しており、どうやって来年の夏休みを多くとるかを今から相談し合ってました。 しめしめしめ


    鈴木さん&ウチヤマさんとも初対面だったのですが、とーっても楽しかったです。 おふたりとも、いい感じにオタク&変態さんでしたわ(笑)
    おっとこまえなのにねえ〜〜



    魚の焼き物屋さんで食事したあと、鈴木さんの誘いでもう一軒。
    スイーツバーという、パフェのカスタム注文などができるかわいいお店に行きました。
    店内にはおっさんの団体がいましたが(笑)

    だらだらとお酒を飲みながら、くだらな〜い話を3人でしていると、ふと店内が暗くなり・・・・・






    !!!!!!!


    店員の女の子が、お、おたんじょうびパフェを・・・・!!!!


    なんと今日が初対面にもかかわらず、トライへッドのお二人は私の誕生日(この瞬間、0時になってました)を把握していて、こんな計らいををを・・・!!!!


    お、おっとこまえすぎるやろ−−−!!!




    パフェ、おいしかった・・・
    店員の女の子はかわいかった・・・・
    ほかのお客さんまで、バースデーソングを歌ってくれていた・・・


    AM2時頃まで3人でパフェをパクつき、幸せな気持ちでホテルに帰りました。
    もう明日はどしゃ降りでもいいや!




    うそです。
    いいかげん晴れてください。




    北海道2013:(1)初体験・フェリーの旅

    2013.08.28 Wednesday
    0



      8月15日の深夜。

      東京の自宅を夜19時半頃に出発し、首都高・常盤・北関東を突っ走って茨城県の大洗港へ。
      ここは関東のライダーが北海道に旅立つ玄関口。
      でも船旅はほぼ丸1日かかるので、時間に限りがあった私は今までフェリーを使ったことはなく、もっぱらバイクとは別に飛行機で北海道に上陸してました。
      しかしライダーたるもの、フェリーを使ってこその北海道!
      今回初のフェリー旅ということで、どっきどきです。




      大洗港の周りはものすごく・・・・何もない(笑)。
      怖いほど暗闇で、もともと暗いのが苦手な私は、待ちに待った旅の船出なのに気持ちが沈む沈む!
      ライダーは、私を入れて6、7人ほどでした。



      フェリーは慣れないから、できれば同室の人がいたらいいなーと思っていたけど、北海道に帰るところだという年配の親子(50代と70代くらいかな?女性の親子)と一緒になりました。
      20時間ほどの航海の中、ふたりはずっと船酔いでつらそうだったけど、苫小牧に着く頃には色んな話をしましたよ。

      サトウさんというその女性(娘さんの方。50代くらい)は、「後悔なく生きればいい」と私に言った。
      なぜそんなことを私に言うのかはわからなかったけど、身内のお葬式のために本州に行ったと話していたから、何か思うことがあったのかな。

      この船旅の間に、私は本を1冊読破しました!






      天気はくもりがち。

      でも時折雲間から差す光が、海面の一箇所だけを照らしていてきれいでした。



      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ちなみに大洗−苫小牧のフェリーには『夕方便』と『深夜便』がありましてね。
      私が乗った『深夜便』は、本来貨物船なのです。
      なのでレストランは営業しておらず、ごはんは全て自動販売機・・・





      これがお昼ご飯でした。
      まあ、正直そんなに美味しくはない(笑)



      翌日16日、夜20時頃に船は苫小牧港に入港。
      その瞬間、港に雷鳴が轟き、すごいが・・・・
      た、大した歓迎じゃねえか、北海道!


      うんざりしながらレインウェアを着込み、ほかのバイクと一緒にフェリーを下船。
      しかし降りる頃には、雨はすっかりやんじゃってました。
      なんだよ〜せっかくレインウェア着たのに!
      −−と思ったけど、まあ走ってるときに降るよりは全然いいやね。





      今夜の宿は、苫小牧ドーミーイン苫小牧
      チェーンホテルですが、ダブルベッドのきれいな部屋と天然温泉、無料の夜食がついて7000円の破格の宿!
      温泉に浸かってほっと一息。
      ぐっすり眠れました。


      明日はいい天気だといいなあ。
      と思いつつも、天気予報はかなりびみょう
      た、大した歓迎じゃねえか・・・。

      ま、いつものことだけどな!




      北海道2013:今年も行ってきました

      2013.08.28 Wednesday
      0




        夏になると発症する病気があります。

        私の場合、冬の間は症状が抑えられていて、「今年の夏は発症しないかも」とすら思ったりするのですが、夏が近づくと結局症状が出てきちゃいます。
        周囲にも同じ症状を抱え、そのためにせっせと働いてお金をため、少ない休暇をなんとかヒネリ出して、1ヶ月前からフェリーや飛行機の予約をする人たちがいっぱいいます。

        でもしょうがないのです。
        北海道は雛見沢がごとく、ひとたび夏にバイクで走ればあっという間にその病気に感染してしまう、おそるべき魅惑の大地なのです。






        というわけで、今年も行ってきちゃいました。


        いつもは3泊4日の弾丸ツーリングですが、今年はなんと泊数未定!!
        『クロサギ』完結にあたって、ずるずる長く休むより、この8月後半に爆発させて遊び切る計画でございます。
        帰ってきたらきっちり仕事に戻るのですよ。



        8月15日深夜発のフェリーで出発し、翌16日の夜に北海道・苫小牧港に到着。
        そこから、結果的に12泊しました。
        合計1512kmを走り、27日の夜に東京に戻ってきました。
        12日のわりには、走行距離は少なめですね。

        色々と不安なことも大変なことも、びびることも怖いこともアクシデントもいっぱいあって、体も心もへとへとになりましたが、本当に楽しくて、1日が長い充実した日々でした。
        たっくさんの人にお世話になりました!


        これからちょいちょいとブログを書いていこうと思うんですが・・・・
        何しろ12日間だからなあ。
        これまでみたいに1日ずつ書いていったら、えらいことになりそうです。
        でも記録は残しておきたいしなあ。 頑張ってみるかあ




        北海道ツーリング2012年・おまけ写真

        2012.08.24 Friday
        0



          今回の北海道記事もこれでラスト!

          載せられなかった写真を一挙公開〜







          北海道といえばやっぱり矢印標識(正式名称不明)だよね。
          これは1日目、霧多布から宿へ向かう道。

          いい空!
          でも抜けるような青空というわけじゃなくて、もう秋の空っぽいね。







          神の光チック。







          知床の町外れで、カブがラピュタのロボット兵みたいになってました。







          美幌峠・屈斜路湖にて。

          コーヒーを飲む、見知らぬおじさんライダーを隠し撮り。
          タソガレ感がいい感じ。








          2日目の記事で紹介した、知る人ぞ知る直線道路にて。

          ライダーさんがいっぱいいる中でひとり写真を撮ってたら、その中のおじさんが「撮ってあげるよー」と。

          この方がなんとも手馴れた方で、本職のカメラマンなんじゃないかと思うくらい。
          (プロのカメラマンさんは、撮られる相手の気分を乗せるのがとーってもうまい!)
          おじさんに立ち位置などをテキパキと指示され、うま〜いこと気持ちをノセられて撮ってもらった写真がコレ。

          はずかしー!
          でもうれしい! ありがとうおじさん!!








          今回も盛りだくさん、おなかいっぱいの旅でした。
          4日間でこれだけマンプクになってるんじゃ、1週間とか行ったらどうなっちゃうんだろうなあ。



          ブログ記事を書き上げたので、これでようやく現実に戻れます



          たぶんね!



           



          北海道ツーリング2012年・宿紹介

          2012.08.23 Thursday
          0



            今回お世話になった宿を、どどんとご紹介〜





            一日目は、弟子屈・摩周湖と屈斜路湖の間にある 「ましゅまろ」


            摩周湖にも屈斜路湖にも知床にもアクセスできる便利なところにある宿。

            私が泊まった日は、ライダーさんと車旅さんが半々くらいかな。
            車にモンキーを積んで連泊してるお客さんもいました。
            女性客は私しかいませんでしたが、常連さんも宿の奥さんも親切にしてくれて、楽しい夜を過ごせました^^



            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






            二日目は、清里にあるクレイジーライダー・イジー先生おすすめの宿 「風景画」

            ここはとっても素敵な宿でしたー!

            ライダーや登山、釣り目的のお客さんなどバラエティに富んでて、女子大生のような若い女性客グループもいましたよ。
            常連さんも気さくで愉快な人が多くて、とっても楽しかった〜
            ごはんもメチャ美味しい!!

            翌日は雨だったので、ここで「雨でも楽しめるオススメスポット」を聞けたことが本当にありがたかったです。






            看板犬・ムギたん。

            つぶらな瞳で、癒しオーラ満点!
            犬コワイ症の私ですら触われるくらいの安心感。
            半径1メートルに近づくと、しっぽがぱたぱたぱた・・・とし始める、モーレツかわいいワンちゃんでした。
            お客さんが散歩に連れてってました






            ここのオーナーさんは釣りキチらしい・・・!!

            雨と風が強い日はいい釣り日らしくて、雨の中みんながいやだいやだと言ってる間、実にウキウキと釣りの準備をしていました(笑)
            晩ごはんの材料を獲ってくるんだって! いいなあ〜〜

            今度は連泊したい!
            で、雨が降ったら釣りに連れていってもらうんだ・・・!(野望)



            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





            三日目は、サロマ湖畔にある 「さろまにあん」
            写ってるのは名も知らぬ別のお客さん。
            プロポーションが良いので入ってもらいました(笑)


            この日はお客さんがいっぱいで、30人以上はいたんじゃないかな。
            常連さんの多いフランクな宿で、ほどよいラフさが心地いい男っぽい宿でした。
            ラオウTシャツが似合うオーナーさんの人徳かな





            ここは漫画の蔵書がパない!
            「北斗の拳」1巻の初版を見つけたときはテンション上がりました(職業病^^;)

            そして、樽生が飲める・・・!!






            私が泊まった日は、たまたま近くの桟橋で花火がある日でした。
            ラッキー! 今年初の花火です!
            というか花火自体が超ひさしぶり。
            ごはんのあとに、宿のみんなで見に行きました。






            この宿では友達と一緒だったんだけど、偶然、昔美瑛で同じ宿に泊まったことがある人と再会!
            しかも2人も!!  いや〜これは本当にびっくりした!
            (その2人も、お互いのここにいるとは知らなかったらしい。すんごい偶然)


            花火のあとは談話室でずっと酒盛りしてましたが、普通の宿なら11時くらいに消灯になるところを、ここは平気で2時くらいまで飲んでました(笑)
            翌日があるので私は1時くらいで部屋に戻ったけど、翌日に予定がなかったら全然イケたな〜!


            そうそう、この夜は昼間とはうってかわって晴れて、ものすごい星空が見えました。
            北斗七星もカシオペア座も、天の川もくっきり!
            月も見えなくてめちゃくちゃキレイでした。 カンドー!




            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



            「さろまにあん」でも話してたんですが、北海道でこういう一人旅の人が多い宿に泊まると、「北海道に来るのは今年で20回目」とか、「小笠原には40回行った」という猛者がごろごろおります。


            そんなに来て飽きないのかって思うかもなんですけど、飽きないんですよねきっと。
            私はまだ4回目ですが、なんだかんだで行けるうちは毎年行っちゃいそう。
            なんでそこまで何度も行くかというと、やっぱり・・・「宿」と「人」なんですよねえ。


            たぶん、旅行に来てホテルに泊まる感じだったら、ここまで何度もこないかも。
            こういう宿では同宿の人が一緒に酒飲んでおしゃべりするのが普通だし、連絡先を交換する場合もしない場合もあるけど、今回私がそうだったように何年後かに偶然再会したり、宿のオーナーさんが素敵で「また来よう!」と思ったり。

            こういうのは北海道だけじゃないと思うけど、旅人が多い&旅宿が格段に多いという点で、やっぱりレアなんじゃないかな



            今回は今までにもまして、「人」が楽しかった4日間でした。




            北海道ツーリング2012年・4日目

            2012.08.22 Wednesday
            0



              8月17日・4日目。


              今日で旅も最終日〜
              1日1日は刺激がいっぱいで本当に長く感じられるけど、終わってみるとあっという間・・・

              今日はサロマ湖から釧路まで南下すればいいだけだったけど、天気もだいぶ回復したし、「まっすぐ行ったら余裕で釧路についちゃうよ」という同宿のお客さんたちからの助言もあって、けっこう寄り道することにしました。

              まず向かうは美幌峠








              屈斜路湖
              ここは4年前、最初に北海道に来たときに一番感動した思い出の場所。
              あのときほどはいい天気じゃなかったけど、やっぱりきれいだなあ。






              雲は多いけど青空も。
              いももちを食べながらひとしきりまったり
              そういえば、前も砂湯の近くでいももち食べたんだった。




              お次に向かうは「さくらの滝」!


              入口がダートだと聞いて尻込みしてたけど、昨夜宿で再会した女性ライダーさんが「大丈夫大丈夫!」って言うから頑張ってトライ!

              ・・・・けど、やっぱりダートはこわかった〜〜
              土ダートよりジャリダートがずっと怖い!!



              でも、本当に頑張って来てよかった。

              だって・・・






              いた〜〜〜!!!



              ここ「さくらの滝」は、6〜8月の時期は、産卵のために川を遡上してくるサクラマスが見れるのです!
              黒々とした立派なサクラマスが、滝を必死にジャンプして登ろうとしてる
              すごいよ〜〜 





              ぶいんぶいん、飛びまくり!

              この滝を越えなきゃ産卵できないし、無事に越えて産卵をしても、その後みんな死んでしまうのですが・・・



                


              神秘的・・・






              ちなみに、「さくらの滝」の全景はこんな感じ。
              サクラマスに夢中でしたが、滝自体もとてもきれいなところでした。



              さくらの滝をあとにして、次は再び南下しつつ多和平へ。
              ここも色んな人にオススメされました。





              多和平は、360度大パノラマの展望がすごい!!
              空はちょっと白っぽいけど、景色抜群ー





              牧場もありました。
              羊、ひたすらにひたすらに、ずーっとず〜〜〜っと、延々と草を食べてた・・・(笑)
              一心不乱ってああいうことを言うんだな。






              今回も連れてきてました、旅のお供・てるてるライダー。




              多和平から釧路に向かうところで方角がわからなくなり、軽く青ざめ!
              太陽が出てないから東西南北わからないし、スマホの電池が減ってきててGPS使うのもビクビク。
              なんとか事なきを得ましたが、釧路に着かなきゃいけない時間も迫ってて、あの時はけっこうびびったな〜
              あわてちゃって地図をしまい忘れて発進して、道のど真ん中に落とすし。
              落ち着け落ち着け、地図がなかったらどこにも行けんぞ!



               




              そんなわけでなんとか、くしろ〜くしろ〜〜♪


              ここで、バイクを預ける業者さんと待ち合わせ。
              待ってる間に、突然ものすごい美人のお姉さん(たぶん私より若いけど)に「SRですか〜〜!?」と話しかけられました。

              私のバイクはSR(ヤマハ製の大人気車種)じゃないんだけど、すごく似てるのでよく間違えられます。
              お姉さんは埼玉在住で、帰省で北海道に戻ってきてるんだとか。
              以前はSRに乗ってて、北海道でライダーをたくさん見てるうちに、いいなあいいなあと思ってもう一度乗りたくなってるそうです。
              なので、思いっきり勧誘しておきました。


              今回、宿で偶然再会した人もいたし、もしかしたらいつかどこかで会えるかもね



              その後、業者のおじさんと一緒に港に行ってバイクを預けて、空港まで送ってもらいました。
              「毎年、来る前は”今年でいったん打ち止めかな・・・”なんて思うけど、いざ来るとまた来年も来ようって思っちゃうですー」とおじさんに話したら、
              「冬になると、近くの畑に百羽以上のタンチョウが集まってキモチ悪いくらいなんですよー。あと釧路川の幣舞橋(ぬさまいばし)から見る夕日がすごくキレイなんですよー」なんて次々と魅惑のスポットが・・・!



              まだまだ、北海道の呪縛からは逃れられなさそうです。


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                <今日の走行距離>
                  約256km
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






              北海道ツーリング2012年・3日目

              2012.08.21 Tuesday
              0



                3日目・8月16日。



                1日目・2日目と快進撃なお天気でしたが、3日目にしてついに神通力切れか。
                朝から雨〜〜

                今日はサロマ湖まで行けばいいので、焦らず走ることにしました。






                出る前は風雨がすごく強くて、同宿のみんなで「イヤダイヤダ」の大合唱。
                でもいざ出発したら雨も風もけっこう弱くなって、レインウェアはイヤだけど走行で恐怖を感じるというほどではなかったかな。
                網走に着く頃には青空も覗いてるくらいでした。

                雨や風っていうのは、ひどいとココロが折れるばかりでなく、本当に危ないんですよねえ。






                そんなわけで、清里を北上して網走に来ました。

                網走といえば監獄なんだけどそっちは割と有名なので、「風景画」のオーナーさんが好きだと言っていた近所の別の博物館に来てみました。


                「北海道立 北方民族博物館」


                こんな施設があったのか〜〜






                ここは、アイヌ民族やイヌイト(エスキモー)・サミ・北西海岸インディアンなど、北極圏やオホーツク海沿岸で暮らす北方民族の文化を展示している珍しい博物館。
                元々こういうのは好きなので楽しみにして行ったんですが・・・・



                正直、大当たりでした!!






                なにこの魅惑的な展示の数々!!

                各民族の衣服や狩猟道具、食器、祭祀用の仮面やおもちゃや楽器などいろ〜〜〜んなものが展示されているんですが、






                美しいのヒトコト。






                イヌイトの女性用の服。
                細工が細かい・・・!!
                襟飾はみんなビーズだよ!








                レース&お花柄の可愛らしさったら。
                普通の日本の女の子だって着たくなるような柄じゃないかしらん






                これはアイヌの男性用の服。
                どことなく和風の影響もあるような。






                ライフルケースだってこんなにオサレ!!
                こんなカワイイ銃ケース持ってたら女度が上がるね。






                カヌー。
                これでアザラシを捕るんだって。 すごいなあ・・・!






                色彩あざやか、トーテムポール。






                トナカイの角で作ったスプーン。

                なんだろう、この・・・・ 飽くなき美の追求!
                生きるだけで精一杯のイメージがあったマイナス20℃の土地が、こんなに美しいもので溢れてたなんてー
                ぼくちゃん全然知らなかったよ!

                一方で「熊送り」という風習の紹介もされてたりして、民族というものの奥深さも感じたり。
                ここは本当に来てよかった!

                監獄もいいけど、網走に来たときはコチラもどうぞ。
                こぢんまりとしててささっと回れるし、人がいなくて(笑)のんびりできるよ!

                私はガッツリ見すぎて、監獄行く時間がなくなりました。




                博物館を出て、曇空の中、網走の道の駅へ。
                ザンギ饅頭なるもので小腹を満たして、とちゅう網走湖の温泉に寄りつつ、今日の宿・サロマ湖ほとりにある「さろまにあん」へ。


                ここで、去年知り合った友達チャリダーくんと会った・・・んだけど、それだけでなく、一昨年の美瑛で同宿になった女性ライダーさんと男性旅人さんに偶然再会!
                うわー、こんなことってあるんだなあ。

                3泊4日、最後の夜だったけど、雨もすっかりあがって満点の星空。
                宿のみんなで花火も見に行けて、深夜まで酒盛り
                本当に楽しい夜でした。



                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  <今日の走行距離>
                    約125km
                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





                北海道ツーリング2012年・2日目(2)

                2012.08.20 Monday
                0



                  展望地を出てさらに北上、オホーツク海に出ました。
                  国道334号(知床国道)に乗って、いよいよシリエトク(知床)へ!






                  「オシンコシンの滝」

                  国道から見える場所にあるという点では、最も見やすい名物スポットじゃないかな? 人がいっぱい。 






                  特に名前はないみたいだけど、妙に気に入った岩。
                  シロイルカ的なかわいさが・・・






                  道の駅「うとろ・シリエトク」に到着。

                  半島の先までは、自然保護のため車やバイクでは行けません。
                  ここから遊覧船に乗るのだー!


                  それにしてもえらい観光地だな、知床^^;






                  12:30、岸壁に近づける小型の遊覧船でしゅっぱーっつ!







                  すごい岸壁。 ど迫力!
                  遠いからそう見えないけど、岸壁の高さは海抜100mくらいあるらしいよ!

                  これは「乙女の涙」という滝。
                  水が碧色だ〜〜






                  こっちは「男の涙」

                  水は岩場からしみ出してるんだそうです。
                  岩についた黄色いのは温泉成分かな。






                  流氷による侵食で、岩場にはいっぱい穴が空いてる。
                  幅20mくらいあるみたい。 中に入ってみたい・・・

                  こういう巨穴群をアイヌ語で「クンネポール(黒い穴)というそうな。
                  中にはイワツバメやウミウが営巣してるんだってー。
                  写真の右の岩場にウミウいっぱいとまってるけど、見えるかな^^






                  それにしても美しい。

                  水の色が不思議だ・・・






                  オジロワシが出現!!
                  日本では知床でしか見られないんだよっ

                  ちっこくしか見えなかったけど、見事な風切り羽根!
                  環境省レッドデータ、国の天然記念物なり。






                  右の奥の方で雲かぶってる山が、羅臼岳




                  船内が一気にどよめいたのが、ガイドしていた船長さんの一言。


                  「あ、右手の岩場に がいますねェ〜〜〜(´ω`)」


                  なんだってー!!!

                  どよどよどよ!!(船内の雰囲気)





                  どこどこ!?







                  どこどこどこー!?









                  ベアーーーーー!!!!



                     ※サケはくわえてません



                  野生のヒグマ、初めて見たー!!

                  豆粒みたいな大きさでしか見れなかったけど、不思議なくらい感・動!
                  これがキムンカムイ(山の神)のオーラか・・・!!







                  これが70分クルーズコースの最終目的地、「カムイワッカの滝」
                  ヒグマ様はこの滝のすぐそばにいらっしゃいました。

                  上流にはバスでアクセスできる「カムイワッカ湯の滝」があって、そっちは滝壺が温泉になっているのだ。
                  でも今は熊の出没や自然保護の理由から、利用はかなり制限されてるみたい。



                  そんなわけで、知床クルーズ、とってもよかった〜〜〜!!

                  たった70分のコースなのに、堪能しまくっちゃいました。
                  お天気もよかったし、大満足です。

                  知床岬(さきっぽ)まで行きたい人は、3時間コースを選んでね♪


                  船から降りて道の駅に戻ったあと、知床横断道路を走りに行きました!
                  あったか涼しくてきもちいい〜〜






                  船から見たときは雲をかぶっちゃってた羅臼岳も、このとおり。

                  神々しい・・・・・!!





                  知床峠からの景色。
                  5分後には私もあのカーブを曲がってくるワケです。



                  ウトロから知床峠に上がり、反対の羅臼側まで降りて、根室海峡沿いの道を走って再び内陸に入り、斜里に戻ってきました。
                  羅臼側からは、北方領土の島(国後島)がよく見えましたよ。

                  今日は師匠ライダー・イジー先生オススメの宿、清里の「風景画」に宿泊。
                  昨日は紅一点だったけど、今日は同室に常連の女性ライダーさん&女性登山家さん(本人は山ガールになりたかったらしい)がいて、とても楽しかったです

                  ほんと、言うことなしの1日でした!



                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                    <今日の走行距離>
                      約250km
                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



                   



                  北海道ツーリング2012年・2日目(1)

                  2012.08.19 Sunday
                  0



                    8月15日・2日目。


                    今日もいい天気! 
                    まじか! 雨女なのに!!


                    本当は前乗りしていた東京のバイク友達と一緒に摩周湖や開陽台を回ろうかと思ったんですが、あまりにいい天気だったので知床に行くことにしちゃいました。


                    でも、まずはやっぱり摩周湖に立ち寄る。 近いからね^^

                    初の摩周湖!!






                    ほっほぉ・・・  そう来たか。


                    霧の摩周湖
                    とはよく言ったもので、まさに濃霧!! 

                    山道をバイクで登っていくんですが、上がるにつれてどんどん視界が白くなって、20mくらいしか見えない!
                    展望台につく頃には、道の両サイドが完全な『白の世界』に・・・・

                    展望台の周囲全てが霧で真っ白なので、居合わせたライダーさんに、街の方を指差して「コレが湖ですか?」って聞いちゃった(笑)
                    それくらいマーーッシロ!!
                    目の焦点を合わせる場所がなくて、目がおかしくなりそうなくらい。






                    展望台で熱唱する、ナゾの若い兄ちゃん。
                    友達と2人で来ていたようで、相方が後ろでゲラゲラ笑っている間に「千の風になって」からTRF、GLAYなどを超でかい声で熱唱してました。
                    シチュエーションは意味不明ですが、思いのほか歌が上手くて面白かった




                    湖見えなかったなあ、まあでもこれはこれでいい話のネタになるか・・・


                    −−などと考えつつ展望台を出ようとしたんですが、車旅しているというおじさんと駐車場でしゃべっているうちに、風で霧が流れ始め・・・・・・・・・







                    もっかい展望台に登ってみたら、







                    さっきまで「はてしない物語」の”虚無”ばりに真っ白だった世界に、なにやら基準点が誕生!






                    「コレが湖ですか?」 と大ボケをかましちゃった方角にも、立派な景色が!!






                    水が碧い!!
                    きれいだ〜〜〜〜


                    本当に霧が晴れていると、湖の中島がくっきりと湖面に映って、本当にどっちが本物かわからないくらいだそうですよ。
                    それも見たいなあ〜〜
                    でも晴れた摩周湖を見ると、男性は出世が遅れ、女性は婚期が遅れるらしいので、今日のところはコレで勘弁してやらあ!(びくびく)





                    摩周湖の第三展望台を出て、391号線を北上。 斜里に向かう。
                    摩周湖で知り合ったおじさんに、素敵な直線道路&展望地への行き方を教えてもらったので行ってみました。
                    基本的に地図に載ってる場所や国道・道道しか行けない臆病者なので、こういう情報は本当にありがた〜い。






                    黄金に光ってるのは小麦畑。 キレイだー!






                    おみごとな直線道路!

                    ここはライダーには有名な場所らしくて、バイクに乗った人がたくさん来てました。



                    長くなったので2日目は分割。
                    この時点で10時くらい。
                    これからいよいよ知床へー!



                     



                    北海道ツーリング2012年・1日目

                    2012.08.18 Saturday
                    0



                      ブログを読んでくださってる方々には、もうすっかりおなじみだと思いますが・・・


                       


                      性懲りもなく、今年も行ってきましたHOKKAIDO!


                      今年でもう4回目ですよ。
                      毎年毎年行って飽きないのか、って感じかもしれないですけど、飽きないんです。
                      だってHOKKAIDOはデカイから!
                      毎年行ってもおっつかないから!





                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                      8月14日・1日目。

                      いつもは新千歳空港から入る私ですが、今回はどうしても道東に行きたかったので、釧路空港から入りました。
                      バイクの受け取りでちょっと手間取ったけど、11時頃になんとか出発☆







                      お天気は雲のスキマから青空が見える感じ。
                      日はけっこう照っててあったかい♪


                      今日の宿まではそんなに遠くないので、根室方面に遠回りしてみることにしました。
                      目的地は、霧多布岬








                      道道123号線は、海沿いを走るなかなかの快適路。

                      国道44号から123号に入る直前にある、妙にオシャレな道の駅「厚岸グルメパーク」で小休憩。
                      ここに着くちょっと前にオホーツク海でM7クラスの地震があったそうで。
                      橋の近くで停車して写真撮ってるときにあきらかにユラユラしてましたが、てっきり大型トラックが走ってるせいかと・・・!


                      でもほんと、津波が来なくてよかった。
                      だってここらへんは、至る所に「津波避難はコッチ」って看板が立ってるところだから・・・







                      琵琶瀬展望台
                      めちゃくちゃキレイー!!



                      ここで、関西から来たご夫婦ライダーとおしゃべり。

                      「いつから来たんー?」
                      「今日デス^^」
                      「そらよかったわー!昨日来てたらホンマかなんかったで!」

                      そうです、私が着く前日は、全道が猛烈な雨!
                      私の東京のバイク友達もすでに北海道入りしてたんですが、完全防水の無線がコワレるほどの雨だったそうで・・・!
                      自他共に認める雨女が、その豪雨を回避して北海道に来れたのは奇跡としか言いようがなーい!







                      ご夫婦ライダーと分かれて、ふたたび霧多布方面へ。

                      海岸線の砂浜を走れるという「なぎさのドライブウェー」に行きたかったけど、しまってるとはいえスタンドなどは立てられないらしいので、ひとりではコワイってことで今回はヤメ。
                      コッチはまたの機会に〜






                      来ました霧多布岬−−!!

                      ・・・ってアレが岬なのかは分からないけど、とりあえず霧多布岬!






                      ルパン三世「霧のエリューシヴ」にも登場した霧多布岬ですよ。






                      なんかすごくいい雰囲気・・・。

                      人、ほとんどいないし。
                      同じ岬でも、宗谷岬とはえらい違いの侘しさよ。




                      岬が気持ちよすぎてのんびりしちゃって、この時点で2時半!
                      宿が摩周湖近くだとGSのおっちゃんに行ったら、「遠いよ〜〜」と脅されてあわてて出発!







                      でも写真は撮るっ


                      約110kmの距離をぶっ飛ばして、5時半くらいになんとか宿に到着。
                      今日の宿は「ましゅまろ」です。
                      ライダーさんいっぱいいるのに、女客は私だけだった・・・


                      でも宿の奥さんもほかのお客さんも親切にしてくれて、楽しい夜を過ごせました




                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                        <今日の走行距離>
                          約220km
                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


                       



                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      新クロサギ 完結編(4) (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 完結編(4) (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)

                      連載10年、通算42巻の最終巻。
                      詐欺師を食らう詐欺師「クロサギ」の物語、遂に完結。
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      新クロサギ 完結編 1 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 完結編 1 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      小学館
                      スピ誌上で「白詐欺編」「黒詐欺編」として掲載された最終章が、リニューアルタイトルで登場。全4巻の第1集。

                      2013年6月発売。

                      桂木から離れ、宝条との全面戦争へ・・・
                      recommend
                      新クロサギ 18 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 18 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      小学館
                      「年金運用詐欺」
                      「進出詐欺」収録。
                      宝条の根回しによって逮捕状が出された黒崎は、ついにある決断を下す。
                      「新クロサギ」シリーズ最終巻。
                      2013年3月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 17 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 17 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      小学館
                      「ブライダル詐欺」
                      「コンサルタント詐欺」
                      「年金運用詐欺(機法彈録。
                      ついに宝条にその正体を知られることになった黒崎。一方、黒崎と共闘する犬伏は旧友に接触し、宝条の外堀を埋めにかかるが・・・
                      2012年12月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 16 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 16 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      小学館
                      「和牛預託詐欺(完結)」
                      「LC詐欺」
                      「ブライダル詐欺(機法彈録。
                      宝条と関係の強い気鋭の女社長・浜聡子に近づく黒崎。一方鷹宮は、宝条が探す男の正体が黒崎であることを察知する。
                      2012年9月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 15 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 15 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸
                      「劇場型詐欺(完結)」
                      「和牛預託詐欺(機銑后法彈録。
                      実際に一般市民を多く巻き込み大きな被害を出した2つの大型詐欺をピックアップ。巻末には社会問題になりつつあるペニーオークション、詐欺被害訴訟を多く手がける紀藤弁護士との対談を収録。
                      2012年6月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 14 (ビッグ コミックス)
                      新クロサギ 14 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸
                      「震災復興詐欺(完結)」
                      「秘書詐欺」
                      「劇場型詐欺(機法彈録。
                      液状化の街で暗躍するインチキリフォーム会社を追う氷柱たち。
                      2012年3月発売。
                      recommend
                       (JUGEMレビュー »)

                      「養子縁組詐欺」(完結)
                      「裏献金詐欺」
                      「震災復興詐欺(機法彈録。
                      反響が大きかった「養子縁組」・「震災復興詐欺」を収録。
                      そして犬伏と宝条の因縁がついに明らかに・・・
                      2012年1月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 12 (ビッグ コミックス)
                      新クロサギ 12 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸
                      「カード現金化詐欺」(完結)
                      「知的財産詐欺」
                      「養子縁組詐欺(機法彈録。
                      公証人・犬伏が抱える秘密とは?

                      黒崎はまたも白石と仕事がバッティングし、ある強硬手段に出る。
                      2011年9月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 11 (ビッグ コミックス)
                      新クロサギ 11 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「貧困ビジネス詐欺」(完結)
                      「出会い工作詐欺」
                      「カード現金化詐欺(機銑検法彈録。
                      黒崎を案じた岸川が遺した置き土産、
                      公証人の犬伏。
                      だが犬伏は酒浸りの世捨て人だった…
                      2011年6月発売
                      recommend
                      新クロサギ 10 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 10 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「医療法人詐欺」(完結)
                      「紳士録詐欺」
                      「貧困ビジネス詐欺(機銑后法彈録。
                      腐れ縁から絆を深める黒崎と岸川。
                      だが岸川の病状は日に日に重く…
                      2011年3月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 9 医療法人詐欺 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 9 医療法人詐欺 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸
                      「ローン詐欺」(完結)
                      「チケット詐欺」
                      「医療法人詐欺(機銑検法彈録。
                      氷柱、神志名、白石揃い踏みの第9巻。
                      御木本の死で黒崎が負った傷とは…
                      2011年1月発売。最新巻。
                      recommend
                      新クロサギ 8 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 8 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「ECO詐欺(完結)」
                      「送り付け詐欺」
                      「架空取引詐欺」
                      「ローン詐欺(機法彈録。
                      ついに完結、台湾編。御木本との闘いの果てに、黒崎は何を見るのか?
                      台湾取材のオマケマンガも収録!

                      2010年10月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 7 ECO詐欺 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 7 ECO詐欺 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「ECO詐欺(掘銑将掘法彈録。
                      御木本を追って上海から北京、マカオへと飛んだ黒崎はついに台湾へ。
                      そして神志名も黒崎を追う。
                      シリーズ最長・「台湾編」突入!
                      2010年7月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 6 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 6 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原武
                      「環境投資詐欺(完結)」
                      「資金回収詐欺」
                      「ECO詐欺(機銑供法彈録。
                      御木本の集金部隊を潰した黒崎の狙いが明らかに。
                      舞台は上海・北京・そしてマカオへ!
                      2010年7月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 5 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 5 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原武
                      「有名人詐欺(完結)」
                      「入札詐欺」
                      「環境投資詐欺(機銑掘法彈録。
                      白石との共闘を経て、
                      いよいよ動き出す御木本喰い。
                      次々と「集金部隊」を潰していく
                      黒崎の真の狙いは?
                      2010年4月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 4 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 4 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「制度融資詐欺(完結)」
                      「投資顧問詐欺」
                      「詐病詐欺」
                      「有名人詐欺(機法廚鮗録。
                      氷柱の大学の先輩・鷹宮と、
                      意外な人物との関係が明らかに!
                      黒崎は白石から「黒い封筒」を受け取り、
                      ある計画を練り始める・・・
                      2009年10月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 3 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 3 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原武
                      「導入詐欺(完結)」
                      「留学詐欺」
                      「制度融資詐欺機銑此廚鮗録。
                      新クロサギ初・白石が登場!
                      仕事がバッティングした2人。どちらが先に相手の存在に気づくか!?
                      2009年7月発売
                      recommend
                      新クロサギ 2 (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 2 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「当選詐欺」
                      「エステ詐欺」
                      「導入詐欺機銑検廚鮗録。
                      父親の死にも関連した銀行の所業に触れる黒崎。裏で糸を引いていたのは誰か?
                      2009年4月発売。
                      recommend
                      新クロサギ 1―戦慄の詐欺サスペンス (ビッグコミックス)
                      新クロサギ 1―戦慄の詐欺サスペンス (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸
                      ビッグコミックスピリッツに舞台を移した「新クロサギ」の第1集。
                      「二重詐欺」
                      「運送詐欺」
                      「必勝法詐欺」
                      「当選詐欺(前編)」
                      を収録。
                      2008年12月発売。
                      recommend
                      クロサギ 20―戦慄の詐欺サスペンス (ヤングサンデーコミックス)
                      クロサギ 20―戦慄の詐欺サスペンス (ヤングサンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
                      黒丸,夏原 武
                      「クロサギ」全20巻
                      ヤンサン版クロサギ
                      1巻「財団融資詐欺」から、20巻「M&A詐欺」まで、全51エピソード!
                      全部読んだアナタは勇者だ!!☆
                      recommend
                      詐欺を見破る魔法の計算式クロサギ公式ガイドブック
                      詐欺を見破る魔法の計算式クロサギ公式ガイドブック (JUGEMレビュー »)
                      夏原 武, 黒丸, ヤングサンデー編集部
                      これさえ読めばアナタも
                      クロサギスト☆
                      単行本未収録カラーイラスト、
                      キャラクター考察、カモタイプ診断、
                      作中に出てきた詐欺の詳細解説など、
                      頭が痛くなるほど濃〜い内容です。
                      recommend
                      映画 クロサギ (「毎度あり」エディション)
                      映画 クロサギ (「毎度あり」エディション) (JUGEMレビュー »)

                      「映画クロサギ」DVD。
                      特典映像満載ディスク付属の「毎度ありエディション」の他、通常版もアリ。
                      recommend
                      150ピースミニパズル BIG Comic Spirits 新クロサギ 150-192
                      150ピースミニパズル BIG Comic Spirits 新クロサギ 150-192 (JUGEMレビュー »)

                      数少ないクロサギグッズ。
                      みなさん暇つぶしにいかがでしょ?
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      2008JUGEMキャラコングランプリ
                      キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」