「トリハダ−劇場版−」

2012.09.16 Sunday
0
     



    ブログのネタがない・・・


    今日はネーム以外の時間を全て使って、ひたすらカラー塗ってました。
    珍しいタイプの絵じゃないかしらん?
    締切は3週間後。 でも頑張らないと間に合わないぜー




    あ、そうそう、土曜日にスタッフちゃんと5人で、
    「トリハダ−劇場版−」を観に行きました。
    (なんだ、全然ネタあるじゃん)

    ふだん映画はひとりで観に行く派なので、みんなでわいわい見るのは新鮮です。
    特にこの映画は東京では池袋だけ、しかもレイトショー1本だけなので、あの場には東京中の「トリハダ」ファンが結集してたってことですね〜
    若い人中心にけっこうお客さん入ってました!


    内容はあいかわらずの「トリハダ」クオリティで、絶妙に不気味かつ「現実にありえそうな」コワさが詰まっておりました。
    TVシリーズほど難解でもなくて、けっこう分かりやすい話が多かったかな。


    映画の前に、元スタッフSちゃんと一緒にごはん食べに行ったんですが、仕事やプライベートのことなどイロイロ聞けて楽しかった!
    個人的になんか、いろいろ「アガル」話ばかりでした
    オラもがんばるべ!




    自覚が大事

    2012.09.09 Sunday
    0
       

      いつも「映画見たい!」「時間がない!」「仕事しながらだと集中できない!」
      −−などとわめいているのですが、単行本作業がようやく終わったのと、なぜかこの時期に見たい映画がドドンとかたまって公開されているので、時間をヒネリ出して劇場通いをしています。


      先週は「アベンジャーズ」、今週は「トータル・リコール」を観に行きました。
      今後は「トリハダ劇場版」、「ボーン・レガシー」に行くつもり。
      あと時間があれば「最強の二人」や「プロメテウス」。
      できれば「るろ剣」、「桐島」も見たいなあ。


      ふだん、映画館なんて半年に1回行くかどうかみたいな生活なんですけどね。
      ど〜〜しても劇場で見たい!! と思うような映画を、評価やレビューを調べて厳選しまくって、ようやく観に行くかという感じ。
      なら、なんで突然こんなに映画館に行き始めたかというと、どうやら私は「映画が好き」みたいだからです。



      最近、担当編集さんが新しい方になりまして(つーても昔から知ってる人なのですが)、その方がどえらい本の虫といいますか、活字中毒というか。
      「映画・・・見ないっすねえ〜〜〜 劇場行く時間があったら本を読んでいたいというか・・・」
      という発言に、本を読むのがニガテな私は「ええええ−−−−ってなっちゃったんですよな。


      そうか・・・そういう人もいるんだ・・・ 
      私、映画なんて、みんな私くらいのレベルでフツーに好きなもんだと思ってたよ。


      それじゃ、「劇場行きたい〜〜!!(地団駄)」とか、「なんかいい映画ないですか」とか、「いい映画みた!幸せ!!」とか言ってる私は、”映画が好きな人”なんだな。
      よし、好きならもっと観に行こう! 

      −−というわけで劇場通いです。
      好きだ、っていう自覚は大事ですね。



      「アベンジャーズ」も「トータル・リコール」も劇場に行く気は全然なかったんですが、評判を聞いて行ってみたらどちらもとても楽しめました。

      いや〜〜 映画ってほんっとにいいもんですねえ







      珍しくイラストなど・・・

      2012.09.01 Saturday
      1
       




      性懲りもなく、
      またSHERLOCKの絵。


      どんなものでも気軽に二次創作的なイラストを描ける人っていっぱいいるんですが、
      私はなぜかダメなんですよね。
      ひとさまの作品の絵がほんっとに描けない。
      自分で描いても、自分が喜ばないんですよ。 ホントに。


      でもシャーロックだけは頑張ってしまった。 不思議。 






      『SHERLOCK』

      2012.08.26 Sunday
      0
         




        イギリスBBC制作のTVミニシリーズドラマ、『SHERLOCK』 を観ました。


        最初「こういうドラマがある」とコンセプトを聞いた瞬間から、「あー、それはいかにも私は好きそうだ」と思ってましたが、我が家はBSが映らないのでなかなか見れず。
        実家から2シーズン全6話をBDに焼いてもらって、ようやくこの度観ることができました。



        で、どっぷんとハマりました。



        『SHERLOCK』 は、タイトル通りシャーロック・ホームズが主人公のミステリードラマです。


        が、これまで多くドラマ・映画化されてきたホームズものと違うのが、舞台が21世紀の現代イギリスということ。
        この世界では、アーサー・コナン・ドイルが書いた小説の「シャーロック・ホームズ」は存在せず、自称”高機能社会不適合者”である探偵コンサルタントのシャーロック・ホームズが実在しているわけですな。


        このドラマのホームズはPCやスマホを使いこなし、ライブカメラで事件現場を見に行ったり、「ロンドンではタバコを吸える場所が激減してるから」と禁煙してニコチンパッチ依存症になったりして(原作では薬物依存症だった)、現代を生きている。

        一方のワトソンは、イギリスが参戦したアフガニスタン戦争に軍医として派遣されるも、負傷によって除隊・帰還されたという、これまた現代ならではの設定。
        シャーロックと出会ってフラットをシェアすることになり、仕事にも同行することになって原作では「本を執筆」するわけですが、このドラマではブログを運営している。
        もうこの設定だけで面白いよね。




        ドラマとしては長尺の1時間半ということもあって、脚本は練りに練られたすばらしいクオリティ。
        ミステリー部分も日常描写もサスペンス描写も、そして恋愛描写も実に切れ味の良い演出で、何度見ても新しい発見がある。
        映像は高画質で見るべき映画級の美しさで、画面全体いたるところに字幕がリアルタイムで表示されるのも、スマホアプリ「セカイカメラ」のようで斬新。
        画面の構図も、「マンガで丸パクしたい!」と思うほど洒落ててカッコいい!

        セリフのセンスも抜群で、これ以上ないほど性格が悪い(笑)シャーロックと、比較的常識人のワトソンの会話の応酬は聞いているだけで楽しさ満点。
        行動をともにする2人がいたるところで「ゲイ」疑惑を持たれるのも、ゲイの本場・現代ロンドンならではというかなんというか(笑)




        ちなみにワトソンは、あまりに生活力が低いシャーロックの身の回りの世話(買い物や精算など)を仕方なくしていてシッカリ者のような描写をされてるんですが、実は彼の方がトラウマキャラなんですよね。

        戦地で心身ともに傷を負い、PTSDになって片足まで不自由になってしまったワトソンが、日常生活を取り戻すためにセラピストに勧められて書いていたブログは、実際にネット上に存在してます。 (「The Blog of Dr.John H. Watson」)


        記事の中身はドラマと連動していて、最初「何も書く事がない」と言っていた頃は本当に1行だけの記事が延々と続く。

        それがある日「ヘンな男と出会った」という記事になり、「彼とルームメイトになった」となり、事件のことを書くことによってだんだんと文章が増えていき、やがてクリスマスなどの日常イベントについても楽しげに書くようになっていく様は、ワトソンがシャーロックと付き合うことによって徐々に心を癒していく過程が見えるようで、なかなか感動的です。
        これは本当にイマドキならではというか、新しいドラマの作り方ですよね。
        (2シーズン最終話を見たあとにブログの最後のエントリーを読むと、かなり胸にきます・・・




        「海外ドラマは長くなるのが多いからちょっと・・・」という方、
        『SHERLOCK』 は現時点で2シリーズ・全6話しかありません。
        DVDやBD−BOXも出てるので、ぜひトライを
        (2−1「ベルグレービアの醜聞」は必見!
        私はクライマックスで鳥肌が立つほど驚きました)



        ちなみに本国では、2013年放映予定で第3シーズンの制作が決まっているとか。
        長身痩躯のセクシーシャーロックと、ちまちま小さなおじさんワトソンの活躍がまた見られる!
        今から楽しみでしょうがなーーい!





        『ダークナイト ライジング』

        2012.07.29 Sunday
        0
           

          一週間の猶予期間も最終日!

          大好きなクリストファー・ノーラン監督最新作、
          『ダークナイト ライジング』 を見てきました。


          あんまりネタバレしないつもりですが、未見の人は絶対読まないでね!!



             ↓  ↓  ↓
            





          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


          いや〜〜〜〜 なんというか、

          スゴい映画だった。

          とりあえずスゴい。 まずそれ。



          映画の出来不出来に関わらず、なんだかすごい”大作感”が漂ってる映画ってあると思うんですよね。
          たとえば「タイタニック」や「ロード・オブ・ザ・リング」とか。
          お金かけりゃこの”大作感”が出せるわけではなくて、お金いっぱいかけてるのにどうしようもなくB級くさい映画もある(それを狙ってる作品もあるけど)。


          で、この「ダークナイト ライジング」は、その”大作感”がこれでもかっていうくらい画面からほとばしってました。


          ストーリーのまとまりや敵キャラのインパクト、終わり方の骨太さは前作「ダークナイト」の方が上かもしれないけど、少なくとも3時間という上映時間にほとんど話が立ち止まることなく、怒涛の特殊効果と複数のキャラが絡まる展開に揺さぶられまくりましたよ。


          「バットマン」のことは詳しくないけど(正直、C・ノーラン監督のやつしか見てない)、あんまり詳しくない人の方が、この映画は面白いんじゃないかな?と思いました。
          これは「ダークナイト」でもそうだったけどね。
          (私はトゥーフェイスの本名を知らなかったから、ハービーがトゥーフェイスになったときは本当にドギモを抜かれた)


          今作でも、私みたいな人間でも知ってる程度の”バットマンらしさ”をうまく使い、前作「ダークナイト」から続く陰鬱として暗い骨太な世界観と見事にマッチさせて、美しい着地点を見せてました。
          特に中盤からラストにかけてのストーリー運びは圧巻!
          全てが片付いてからラストシーンまで、あの重々しいテーマに乗せながら未来を予感させる演出にはココロが震えましたよ。

          ヘリ(?)で飛び立つバットマンと、それを見送るゲイリー・オールドマン演じるゴードンのシーンは本当に泣くかと思った。




          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          キャスティングのお話。

          私は同じ監督による「インセプション」が好きなんですよね。

          で、この監督は一度組んだ役者さんと何度も組む傾向があるようでして。
          (例:「バットマンビギンズ」で組んだ渡辺謙を、「インセプション」に真っ先に起用した。 バットマン役のクリスチャン・ベールとは、その前に「プレステージ」で組んでいる)


          「バットマンビギンズ」と「インセプション」でかぶっていた役者はすでに2人いたんですが(マイケル・ケイン/キリアン・マーフィ)、さらに今作で3人が加わるという身内っぷり(笑)
          いいんだけどね、「インセプション」のメンバー、大好きだし。



          敵役に起用されたトム・ハーディ(インセプションではイームス役)の出世ぶりはすごい。
          イカレた狂人のわりには目が澄んでるなあ、迫力あって似合ってるけど、この目の美しさはキャスティングとしてどうなんだろう・・・・ と思ってたけど、クライマックスまで見ればそれも納得。
          ナイスすぎるキャスティングでした。


          しかしアーサーが大好きだった私としては、何よりジョゼフ・ゴードン=レヴィットが「ライジング」にも起用されて、そのことが嬉しくてしょうがない。
          一制服警官でありながら、そのカンの良さと熱心さでめきめきと頭角を現していく過程は、一人の男の出世物語としてカタルシス抜群。
          身内で固めてるにも関わらず、トム・ハーディもジョゼフ・ゴードンもこれ以上ないほどのハマリ役で、特にジョゼフの起用はある意味、この映画の成功を決めたといっても過言じゃないんじゃないかな。



          それにしても、キャットウーマン役のアン・ハサウェイの美貌&プロポーションにはのけぞったわ。
          なんなのあの不二子ちゃんケツ!!
          あんなプロポーションの女性が現実にいるとは。

          キャットウーマンって、原作ではけっこう本気でネコで、まともにやったらかなり恥ずかしいカッコしてるんですけどね(笑)
          アン・ハサウェイ演じる彼女は、自分のことを一度も「キャットウーマン」とは名乗らない。
          でも、ネコミミもシッポもつけてないのに、あのさりげない衣装でも十分に彼女がキャットウーマンだとわかるのはすごいことだ。

          日本人にも好かれる”かわいらしい美女” アン・ハサウェイ。
          思いのほかセクシーで、アクションのキレもよくて、あんな出で立ちなのに品もある。
          このキャスティングも素晴らしかったなあ。



          ちなみにジョゼフ・ゴードン=レヴィット、尊敬する俳優はゲイリー・オールドマンだそうですよ。
          そのことを考えると、病院にゲイリー・オールドマンを助けに行って「行くぞルーキー」と言われるシーンには、なにやら胸をアツくづるものがありますな。(ごめん超ネタバレ)



          ああおなかいっぱい。
          感想も書ききれないな。 パンフも買いそびれたし。

          もう一回見たいけど、・・・・3時間だからなあ〜(笑)  
           



          超人ロックSPECIAL NIGHT 2012

          2012.07.15 Sunday
          0
             





            去年一回限りのはずが、反響の大きさで2度目の開催となったファンイベント、
            『超人ロックSPECIAL NIGHT 2012』 に行ってまいりました!


            去年はなんでか登壇者の一人として、ロフトプラスワンの舞台に上がっておしゃべりなどさせていただいちゃいましたが、今回はあくまでもお客の一人。
            リアル友達として唯一ロックオタクな漫画家・江尻立真くん(たっちゃん)と一緒にイベント参戦



            今回の登壇者は、現・少年画報社社長さんと、漫画家の太田垣康男先生小池田マヤ先生のおふたり。
            そしてもちろん、聖悠紀先生!!


            「どのキャラが燃え(萌え)か?」や、「どのバトルが好き?」など、色んなお題に合わせて絵を描いて紹介してました。
            太田垣先生のすさまじすぎる画力に(あのスケッチブックの絵は、控え室であわてて描いたものなんですよ!)、おひろめされるたびに会場からは歓声が。
            そして小池田マヤ先生の、女性ならではの的確かつ辛辣(笑)な鋭いツッコミに、聖先生がたじたじになるたびに、会場は爆笑の渦。

            社長さんが披露する数々の逸話、すごすぎる思い出話を、ことごとく「おぼえてないなあ〜〜」と言う聖先生にも、みんな大爆笑でした。






            いやー、ほんとにおもしろかった。
            今回はロフトプラスワンでも限定メニューがでまして、写真はオリジナルカクテルの「ロードレオン」「聖者の涙」
            ファンならニヤリの「エネルギー吸収ボール(=黒い肉団子)」は、開演前に売り切れる人気で私は食べられませんでした。
            なんてこった!


            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            イベント終了後、主催者さんのご好意で、前回参加させてもらっただけというのに、二次会にまでオジャマさせてもらってしまいました。

            大好きな奥様と小池田マヤ先生とで、ロックをサカナに女子トークを展開してたんですが・・・
            これが今から思い返すと本当に面白くてですね。
            主にマヤ先生が面白いんですが(笑)、ほんと、あれはもったいなかった。
            ユースト配信したらウケただろうなあ〜〜
            (マヤ先生は翌日思い出して、頭を抱えていらっしゃったようですが)
            いつかまた濃ゆ〜いトークをしたいものです。

            私はロックファンとしてはまだまだ知識が浅いので、まさにリアルタイムで読んでいた世代の方に、当時の話などを聞くと本当に新鮮です。
            来年もやってほしい!! また行くぞ〜〜〜〜〜



            二次会でちょろっとお話聞かせていただく機会があったのですが、聖先生は私の中で、お仕事に対する姿勢やそのお人柄、そして若い漫画家に対する接し方などの面で、本当にこれ以上の方がいるだろうかと思うくらい尊敬する方です。
            いつまでもお元気で、本気で90歳まで!
            ロックを描き続けていただきたいです。 ああ・・・ なぜかナミダが(つωT)



            主催者の皆様、登壇された皆様、聖悠紀先生、奥様、お席でご一緒してくださった方々、そして会場にいらしたファンの皆様。
            楽しい夜をありがとうございました!



            超人ロックの日

            2012.06.16 Saturday
            0
               



              クリックして拡大☆


              6月9日「超人ロック」の日です。


              いや、私が言ってるんじゃなくて、そういうことになってるんですよ
              この日は特設掲示板が設置されて、ツイッターやmixiなどでたくさんの超人ロックファンが、イラストを投稿したり思い出話をしたり、秘蔵のグッズなどを紹介したりするんです。
              私も、この日のためにめずらしくイラストなんぞを描いてみました。

              いわゆる「二次創作」的な絵をほとんど描いたことないので、なんだか緊張しましたけど
              せっかくなのでブログの方にも貼っとこうかと。





              顔の拡大。 カバは、ロック生みの親・聖悠紀先生の似顔絵です。

              いろんな先生の貴重なファンアートをいっぱい見れて、とても楽しい1日でした。
              来年も楽しみです




              GENGA展に正式参戦!

              2012.04.29 Sunday
              0
                 



                先日、開催前の内覧会に当たって見に行った大友克洋の原画展
                元スタッフの漫画家・いずみちゃんと荒井ママレちゃん、
                そして2人の紹介で村上かつら先生と4人で見に行ってまいりました!


                この前の時にカラー原稿の方は半分ほど見ていたんですが、「AKIRA」の生原稿はほとんど見れなかったので、4人で目を皿のようにして観まくりましたよ。
                も〜〜〜〜んのすごく疲れました!!!
                原稿の量もさることながら(だって全ページ展示っすよ!)、絵の密度が・・・・


                でもやっぱり漫画家4人なので、見るところがちょっとヘンです。

                「思ったより描き込んでないところもあるね」
                「なのに描き込んであるように見えるんだよね」
                「メリハリかねえ」
                「こんなトーンワーク、自分だったらこわくてできないわ〜」


                ・・・・・・・・・・


                思いっきり仕事(勉強)モードです(笑)





                金田バイクの撮影をしたかったのですが、あまりの行列で今回は断念!
                「AKIRA」の原稿も、あまりの攻撃力に5巻でギブアップしちゃったくらいですからね〜
                6巻とトビラ絵の展示、バイクの撮影は「どうせもう一回来るし」、次に持ちこしとなりました(笑)





                チョウさんのズン壁&金田バイクの展示ルームは、壁への落書きと写真撮影がOKです。
                すごい作家さんがいっぱい絵を入れてたんですが、どうも一般の人も絵やメッセージを書いてるようでしたので、便乗して私たちもすみっこに描いてきました。
                黒崎のズン壁(笑)  つたなくてすんません


                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                原画展のあとは、4人で食事へ。

                実は村上かつら先生とは初めてお会いしたのですが、とっても気さくで楽しくて、アシスタントしてる頃からスピリッツで読んでた大先輩の作家さんなのに、わたくし全然キンチョーもせず超〜〜楽しくおしゃべりさせてもらっちゃいました
                てへへ

                またぜひご一緒したいなあ。

                とっても楽しい1日でした。
                誘ってくれてありがとう、いずみちゃん&ママレどん!




                大友克洋GENGA展の内覧会に行ってきた!

                2012.04.07 Saturday
                0
                   



                  4月9日から都内で行われる 『大友克洋GENGA展』 に、
                  ちょっと早めにお邪魔してきました。
                  ツイッターで募集していた新作アニメ試写会&GENGA展内覧会の抽選に当たったのですよー
                  全然クジ運良くないのにうれしい! 
                  というわけで、しょっちゅうゴハンやお酒をおごってくれる先輩・武村勇治先生を誘って行ってきました。






                  いや〜〜〜〜 すっかりあてられちゃいましたよ、「毒」に。

                  高校の時に初めて「AKIRA」を読んで、手に入れられる本という本を必死で集めましたが、そのたびに全身で食らってきた重〜〜い衝撃を、ナマ原稿からふたたび食らいまくりましたね。


                  驚いたのは、どのカラー原画もとても「小さい」こと!
                  絵は縮刷すると線や塗りの粗さが消えてきれいに見えるので、普通は印刷されるサイズより少し大きく描きます。
                  でも大友さんのカラー原稿は、ほぼ縮刷ナシ? ってなくらい小さかったです。
                  縮刷ナシであの美しさか・・・・
                  武村さんと一緒に、ここはどう塗ってるのかとか紙はどんな紙なのかとか、めいっぱい絵に目玉を近づけてうなりながら見てました。


                  内覧会は時間が1時間足らずだったので、AKIRAの生原稿はほとんどちゃんと見れず。 みんなカラー原稿で足止められすぎ!(笑)
                  これは次のお楽しみだね





                  みーんなだーいすっき♪ 金田バーイクー!

                  世界で唯一、公道走行できる金田バイクです(ファンの方が趣味で作った)。
                  人だかりで見えやしねえ(笑)

                  この部屋は撮影OK。 反対側には、チョウさんが叩きつけられた例のカベがあります。
                  私たちが行ったときは部屋の壁は真っ白でしたが、内覧会の後のパーティーではたくさんの著名漫画家さんたちが壁にイラストをたくさん描いたようですよ。
                  それを見るのも楽しみだ





                  グッズ販売も先行してたので、長蛇の列に並んで色々購入。
                  この他に、GENGA展オリジナルポスター買いました。
                  ポスターの類はこれまで全く部屋に貼ってこなかったんですが(自分の絵もナシ)、コレは貼ろうかな。 額を買わなきゃ。


                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  内覧会のあとは、新作アニメ「火要鎮」の試写会でした。

                  音響がちょっとキビしかったですが(専門のシアターじゃないからしょうがないけど)、絵巻物を使った江戸の火事のをテーマにしたショートアニメ。
                  これまでの大友さんの作品とは全く違う絵柄・演出でしたが、江戸を焼き尽くす火の凄まじさ、徹底した和風テイスト、火消し衆の迫力などなかなか面白かったです。
                  これは機会があったらもう一度見たいな。 いい音響で。
                  10分程度と本当に短いフィルムですが、もっと長くてもいいなあと思うような内容でした。



                  さて、月末にはスタッフOBちゃんたちともう一度、正式参戦します。
                  大友さんが好きな人、漫画を描きたいと思ってる人、イラストの仕事をしたいと思ってる人、デザイン関連のお仕事をしたい人・・・・・・
                  多少がんばってても見に来た方がいいと思います。
                  「人の手はここまで描ける」  そういうことを思い知らされますから。



                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  ちなみに今回初めて見て、すごく衝撃を受けた絵がありました。

                  「自転車レース」 「ヨーロッパの街」 「走るカメラマン」 

                  そんな感じのカラーイラストがあります。
                  見たこともない、本当にすばらしくて可愛らしいイラストでした。
                  展示物の中ではかなり新しい作品でしたが(2008)、本当に老いることのない人だなあと思いましたよ。
                  会場で探してみてください。


                  ちょっぴり運営さんの段取りに難があったけど、これだけの規模なのに手作り感のある、とてもいい展覧会になりそうです^^






                  なめこ栽培はじめました

                  2012.02.05 Sunday
                  0
                     




                    Android携帯を持ってるスタッフYちゃんの紹介で、私も最近チマタで流行っているという「なめこ栽培」を始めてみました。


                    昔、「おさわり探偵 小沢里奈」というDSゲームがあったんですが(当時やりたかったけど、いそがしくやりそびれじまい)、その中に出てくる探偵助手のなめこ(!)を、携帯アプリの無料ゲームで栽培するというゲーム。


                    「のんびり遊べるシミュレーション系のゲームアプリが欲しいな〜」
                    と最近思っていたので、私もDLしてみました。



                    で、はまりました。

                    全然のんびり遊んでない!
                    せっせとフードを与え、せっせと収穫し、せっせと図鑑に集めて、せっせと設備投資をしております。
                    「はまった人間はこうなります」という見本だコリャ。
                    全然のんびりしてないよー!





                    うすら笑うなめこたち。

                    コレがだんだんかわいく見えてくるから人間は不思議だ。
                    新しいレアなめこが生えてくると、すぐに引っこ抜くのがもったいなくてついついしばらく放置してます。
                    収穫するときが快感です。



                    calendar
                      12345
                    6789101112
                    13141516171819
                    20212223242526
                    2728293031  
                    << October 2019 >>
                    selected entries
                    categories
                    archives
                    recent comment
                    recommend
                    新クロサギ 完結編(4) (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 完結編(4) (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)

                    連載10年、通算42巻の最終巻。
                    詐欺師を食らう詐欺師「クロサギ」の物語、遂に完結。
                    recommend
                    recommend
                    recommend
                    新クロサギ 完結編 1 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 完結編 1 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    小学館
                    スピ誌上で「白詐欺編」「黒詐欺編」として掲載された最終章が、リニューアルタイトルで登場。全4巻の第1集。

                    2013年6月発売。

                    桂木から離れ、宝条との全面戦争へ・・・
                    recommend
                    新クロサギ 18 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 18 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    小学館
                    「年金運用詐欺」
                    「進出詐欺」収録。
                    宝条の根回しによって逮捕状が出された黒崎は、ついにある決断を下す。
                    「新クロサギ」シリーズ最終巻。
                    2013年3月発売。
                    recommend
                    新クロサギ 17 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 17 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    小学館
                    「ブライダル詐欺」
                    「コンサルタント詐欺」
                    「年金運用詐欺(機法彈録。
                    ついに宝条にその正体を知られることになった黒崎。一方、黒崎と共闘する犬伏は旧友に接触し、宝条の外堀を埋めにかかるが・・・
                    2012年12月発売。
                    recommend
                    新クロサギ 16 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 16 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    小学館
                    「和牛預託詐欺(完結)」
                    「LC詐欺」
                    「ブライダル詐欺(機法彈録。
                    宝条と関係の強い気鋭の女社長・浜聡子に近づく黒崎。一方鷹宮は、宝条が探す男の正体が黒崎であることを察知する。
                    2012年9月発売。
                    recommend
                    新クロサギ 15 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 15 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸
                    「劇場型詐欺(完結)」
                    「和牛預託詐欺(機銑后法彈録。
                    実際に一般市民を多く巻き込み大きな被害を出した2つの大型詐欺をピックアップ。巻末には社会問題になりつつあるペニーオークション、詐欺被害訴訟を多く手がける紀藤弁護士との対談を収録。
                    2012年6月発売。
                    recommend
                    新クロサギ 14 (ビッグ コミックス)
                    新クロサギ 14 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸
                    「震災復興詐欺(完結)」
                    「秘書詐欺」
                    「劇場型詐欺(機法彈録。
                    液状化の街で暗躍するインチキリフォーム会社を追う氷柱たち。
                    2012年3月発売。
                    recommend
                     (JUGEMレビュー »)

                    「養子縁組詐欺」(完結)
                    「裏献金詐欺」
                    「震災復興詐欺(機法彈録。
                    反響が大きかった「養子縁組」・「震災復興詐欺」を収録。
                    そして犬伏と宝条の因縁がついに明らかに・・・
                    2012年1月発売。
                    recommend
                    新クロサギ 12 (ビッグ コミックス)
                    新クロサギ 12 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸
                    「カード現金化詐欺」(完結)
                    「知的財産詐欺」
                    「養子縁組詐欺(機法彈録。
                    公証人・犬伏が抱える秘密とは?

                    黒崎はまたも白石と仕事がバッティングし、ある強硬手段に出る。
                    2011年9月発売。
                    recommend
                    新クロサギ 11 (ビッグ コミックス)
                    新クロサギ 11 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸,夏原 武
                    「貧困ビジネス詐欺」(完結)
                    「出会い工作詐欺」
                    「カード現金化詐欺(機銑検法彈録。
                    黒崎を案じた岸川が遺した置き土産、
                    公証人の犬伏。
                    だが犬伏は酒浸りの世捨て人だった…
                    2011年6月発売
                    recommend
                    新クロサギ 10 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 10 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸,夏原 武
                    「医療法人詐欺」(完結)
                    「紳士録詐欺」
                    「貧困ビジネス詐欺(機銑后法彈録。
                    腐れ縁から絆を深める黒崎と岸川。
                    だが岸川の病状は日に日に重く…
                    2011年3月発売。
                    recommend
                    新クロサギ 9 医療法人詐欺 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 9 医療法人詐欺 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸
                    「ローン詐欺」(完結)
                    「チケット詐欺」
                    「医療法人詐欺(機銑検法彈録。
                    氷柱、神志名、白石揃い踏みの第9巻。
                    御木本の死で黒崎が負った傷とは…
                    2011年1月発売。最新巻。
                    recommend
                    新クロサギ 8 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 8 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸,夏原 武
                    「ECO詐欺(完結)」
                    「送り付け詐欺」
                    「架空取引詐欺」
                    「ローン詐欺(機法彈録。
                    ついに完結、台湾編。御木本との闘いの果てに、黒崎は何を見るのか?
                    台湾取材のオマケマンガも収録!

                    2010年10月発売。
                    recommend
                    新クロサギ 7 ECO詐欺 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 7 ECO詐欺 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸,夏原 武
                    「ECO詐欺(掘銑将掘法彈録。
                    御木本を追って上海から北京、マカオへと飛んだ黒崎はついに台湾へ。
                    そして神志名も黒崎を追う。
                    シリーズ最長・「台湾編」突入!
                    2010年7月発売。
                    recommend
                    新クロサギ 6 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 6 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸,夏原武
                    「環境投資詐欺(完結)」
                    「資金回収詐欺」
                    「ECO詐欺(機銑供法彈録。
                    御木本の集金部隊を潰した黒崎の狙いが明らかに。
                    舞台は上海・北京・そしてマカオへ!
                    2010年7月発売。
                    recommend
                    新クロサギ 5 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 5 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸,夏原武
                    「有名人詐欺(完結)」
                    「入札詐欺」
                    「環境投資詐欺(機銑掘法彈録。
                    白石との共闘を経て、
                    いよいよ動き出す御木本喰い。
                    次々と「集金部隊」を潰していく
                    黒崎の真の狙いは?
                    2010年4月発売。
                    recommend
                    新クロサギ 4 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 4 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸,夏原 武
                    「制度融資詐欺(完結)」
                    「投資顧問詐欺」
                    「詐病詐欺」
                    「有名人詐欺(機法廚鮗録。
                    氷柱の大学の先輩・鷹宮と、
                    意外な人物との関係が明らかに!
                    黒崎は白石から「黒い封筒」を受け取り、
                    ある計画を練り始める・・・
                    2009年10月発売。
                    recommend
                    新クロサギ 3 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 3 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸,夏原武
                    「導入詐欺(完結)」
                    「留学詐欺」
                    「制度融資詐欺機銑此廚鮗録。
                    新クロサギ初・白石が登場!
                    仕事がバッティングした2人。どちらが先に相手の存在に気づくか!?
                    2009年7月発売
                    recommend
                    新クロサギ 2 (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 2 (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸,夏原 武
                    「当選詐欺」
                    「エステ詐欺」
                    「導入詐欺機銑検廚鮗録。
                    父親の死にも関連した銀行の所業に触れる黒崎。裏で糸を引いていたのは誰か?
                    2009年4月発売。
                    recommend
                    新クロサギ 1―戦慄の詐欺サスペンス (ビッグコミックス)
                    新クロサギ 1―戦慄の詐欺サスペンス (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸
                    ビッグコミックスピリッツに舞台を移した「新クロサギ」の第1集。
                    「二重詐欺」
                    「運送詐欺」
                    「必勝法詐欺」
                    「当選詐欺(前編)」
                    を収録。
                    2008年12月発売。
                    recommend
                    クロサギ 20―戦慄の詐欺サスペンス (ヤングサンデーコミックス)
                    クロサギ 20―戦慄の詐欺サスペンス (ヤングサンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
                    黒丸,夏原 武
                    「クロサギ」全20巻
                    ヤンサン版クロサギ
                    1巻「財団融資詐欺」から、20巻「M&A詐欺」まで、全51エピソード!
                    全部読んだアナタは勇者だ!!☆
                    recommend
                    詐欺を見破る魔法の計算式クロサギ公式ガイドブック
                    詐欺を見破る魔法の計算式クロサギ公式ガイドブック (JUGEMレビュー »)
                    夏原 武, 黒丸, ヤングサンデー編集部
                    これさえ読めばアナタも
                    クロサギスト☆
                    単行本未収録カラーイラスト、
                    キャラクター考察、カモタイプ診断、
                    作中に出てきた詐欺の詳細解説など、
                    頭が痛くなるほど濃〜い内容です。
                    recommend
                    映画 クロサギ (「毎度あり」エディション)
                    映画 クロサギ (「毎度あり」エディション) (JUGEMレビュー »)

                    「映画クロサギ」DVD。
                    特典映像満載ディスク付属の「毎度ありエディション」の他、通常版もアリ。
                    recommend
                    150ピースミニパズル BIG Comic Spirits 新クロサギ 150-192
                    150ピースミニパズル BIG Comic Spirits 新クロサギ 150-192 (JUGEMレビュー »)

                    数少ないクロサギグッズ。
                    みなさん暇つぶしにいかがでしょ?
                    links
                    profile
                    search this site.
                    others
                    mobile
                    qrcode
                    powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM
                    2008JUGEMキャラコングランプリ
                    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」